ブラジル旅行記~サルバドールで3日酔い

Pocket

ブラジルで大和魂を見せつけた。

私はブラジルに半年ほど滞在したことがあります。そしておそらく人生で一番ビールを飲んだのが、このブラジルにいた時になります。というより当時のブラジルでは、ビール以外の選択肢はあまりありませんでした。

お隣のアルゼンチンはワインが安くて美味しかったのに何故かブラジルは激マズでした。ウイスキーやどぶろくみたいなものもありましたが、しかし当時のブラジルは、ビールが水やジュースよりも安かったこともあり、またお金もない貧乏バックパッカーだったということもあり、必然的にビールばかり飲んでいました。

当時私が住んでいたのはブラジル北東部の サルバドール になります。そしてブラジルに滞在していた半年の内のほとんどをこのサルバドールで過ごしました。サルバドールはダウンタウンが世界遺産に登録されている坂の街。そんなサルバドール滞在時にひょんなことから彼女ができ、同棲までしていました。

サルバドールは街中で毎日必ずどこかでフィエスタ(お祭り)が行われており、皆ビール片手に踊っている、そんな陽気な飲兵衛な街でした。私も基本毎日、早い時には午前中からビールを飲んでいました。そんなサルバドール滞在時に人生で一番ビールを飲むことになります。

それは自分、ブラジル人の彼女、日本人の友人、の3人で飲みに行った時の事。初めは3人で楽しくお酒を飲んでいたのですが、彼女が何気なく、そして悪気なく、しかし確実にはなった一言。日本人お酒弱いよね? これがトリガーになりました。

正直カチンと来ました。そして隣の友人を見てみると同じくカチンときている様子。その次の瞬間お互いに目配せをして本気モードに突入しました。口にこそ出しませんでしたが、心の中でこう思い合いました。大和魂見せてやろうぜ!

店員を呼び、ビールの空ケースをここに置いてくれ、そう頼みました。な表情をしている店員をよそに友人と一緒にビールを勢いよく飲み干し、その空のケースにドンドン飲み干したビールの空瓶を入れていきました。そして気づけばビールのケース(一ケース6本入り)5箱が、私たちのテーブルの下に積み重なっていました。ついでに周りにはブラジル人のギャラリーもできていました。

気づけば二人で29本のビール大瓶を空けていました。そして節目の30本目を空ける一歩手前で力尽きました。様子を窺っていたギャラリーからは拍手をもらい、呆れるように眺めていたブラジル人の彼女からは、クレイジーの誉め言葉をもらいました。

というところで完全に記憶がなくなっています。その後で記憶に残っているのは、友人と二人してトイレを奪い合い吐きまくったこと。全てを吐ききった後もフワフワした状態が続き、その酔いが3日間醒めなかったこと。こんな思いをするくらいならもうお酒なんて飲まないと誓ったこと。

正直どうやって帰ったのかも覚えていません。気づいたら自分のベッドの上で苦しみもがいていました。現地の彼女がいたとはいえあれだけ無茶な飲み方をして、治安の悪いサルバドールで何もトラブルに巻き込まれなかった、ただそれだけでも奇跡的なことだったと思います。

しかし日本人は酒が弱いと言っていた彼女の誤解を解き、サルバドールのブラジル人に大和魂を見せつけることができて本当に良かったと思います。