人生のターニングポイント~イギリスの空港

Pocket

人生に if はないと言われています。人生に、~たら、~れば、もない。

それは確かにそうなんですがやはり考えてしまうことがあります。

もしあの時、違う選択をしていたら自分の人生はどうなっていたのだろうか?

学生時代から海外を放浪していて、そんな印象に残っている出来事がよくありました。

イギリス

大学2年の夏にヨーロッパ横断をしていました。

トルコのイスタンブールから入りイギリスのロンドンから日本に帰る、

そんなチケットを持って旅行していました。

しかしこのヨーロッパ旅行中の精神状態は普通じゃありませんでした。

おそらく若い時分にかかる一種のはしかのようなものかもしれません。

私も御多分に漏れず若さゆえの馬鹿さ加減が爆発していました。

大学に通う意味とは何なのか?サラリーマンになる意味とは?

雇われる意味とは?そして自分の人生とは何なのか?

今から考えると当時の自分の精神構造は赤面ものなのですが、

当時は真剣にそう思っていたのだから仕方がありません。

およそ2か月半のヨーロッパ横断も終わりを告げようとしていました。

日本への飛行機が飛び立つロンドンへたどり着きました。

ロンドンではスペインのマドリードで知り合った人が暮らしており、

その人からロンドンに来たら家に来たらいい、そういってもらえていたので

お言葉に甘えて立ち寄ることにしていました。

結果そのロンドン滞在期間中ずっとその友人の家にいたのですが、

そこで垣間見えるロンドンでの生活を正直ちょっといいなと思っていました。

もちろん当時の私の立場はただの観光客。良いところや面白いところなど、

綺麗なところのみを見るだけの立場なため良く見えただけなのかもしれません。

それでも当時病んでいた私には、大学を中退もしくは退学して海外に出る、

それはそれは想像するだけでもとても甘美なものに思えて仕方ありませんでした。

そんな時にロンドンで美容師として働く友人の姿が格好良く見えました。

異国の地で独り立ちしていてすごいな、と。

またその友人にロンドン在住の日本人を紹介され、

一緒に遊んだり飲んだりしたのもよい刺激となっていました。

このまま日本に帰らなければ、大学を辞める良いきっかけになるのではないか?

実は何とかなるのではないか、これは、五木寛之の ”青年は荒野を目指す”

をちょうど読んでいたための弊害なのかもしれません。

実際ギリギリのところまで思い悩んでいました。しかし元々慎重で怖がりな私は、

どうせ思い切った行動を取ることもできないんだろうな、

ただの空想に過ぎないんだろう、ということも自分でわかってもいました。

しかしそんな葛藤があったからでしょうか?

普段時間に正確な私が日本へ帰る飛行機に大幅に遅刻しそうになりました。

国際線は通常は出発時間2時間前チェックインが常識なのですが、

私が空港に着いたのは出発時間30分前でした。

チェックインカウンターに他の客は誰一人としておらず、

日本の空港のように空港職員が搭乗予定者を探しているわけではなく、

カウンターはまさに閉まろうとしていました。

その時はひょっとしたらこれは人生が変わるチャンスなんじゃないのか?

このまま乗れなかったら乗れなかったでいいや、と思ったのですが、

チェックインも無事に済み、税関もスムーズに進み、良かったのか悪かったのか、

遅刻することなく普通に飛行機に乗れてしまいました。

ロンドンから日本までの飛行機の中、

まあ俺の人生そんなもんだよな、そう独り言ちました。

しかしもしもあの時本当に飛行機に乗り遅れてロンドンに残ることになったら?

自分の人生はどう変わっていったのか、今でも不思議に思います。

少なくとも今よりは英語を喋れていると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする