海外移住日記 第22話

Pocket

タイの大会社での面接

海外移住日記第22話 タイ就職活動編

一次面接が始まりました。固定概念と言うか、偏見というか、大会社の面接=圧迫面接という考えがありました。何を聞かれるのか?どんなことをさせられるのか?思って随分と構えていたのですが、蓋を開けてみたら何のことはない、和やかな雰囲気で面接は始まりました。

まずはざっくばらんな雑談から始まり、その後に会社が携わっている商品である鉄鋼製品、主に鉄コイルについて一通り説明されました。そして私に求めている仕事内容に関することもざっくりとですが説明されました。

その後は今までどんな仕事をしてきたのかなどの話をしました。面接時間としては1時間くらいだったと思います。それでは今日はありがとうございました、結果は後ほど転職会社さんを通してご連絡します、と面接は終わり、何か拍子抜けした気持ちでした。

そして意外にも個人的に手ごたえがありました。あれ?これ採用されるんじゃない、そんな予感すらありました。それくらい良い雰囲気のまま面接は終わりました。そしてさらに良いことが続き、約束していた帰りのトゥクトゥクが、きちんと会社の前できちんと待っていてくれていました。タイ人だから、と言うと言葉が悪いですがあまり期待せずにいたのですが。

面接とトゥクトゥクのことでバンコクまでのバスの中の気分がよかったです。しかしバンコクに戻り現実に戻ると、やっぱりそんなうまいこと行くわけないよな、という気分になり正直その会社のことは頭からなくなっていました。

そんな面接を受けたことを忘れてしまっていた数日後。転職会社から電話が入りました。おめでとうございますっ!一次面接に合格しましたっ!!今二次面接の日程を調整中です。もう少しです。あと一歩です。これから人生変えましょう!!!

担当者にそう言われました。あまりに担当者のテンションが高かったので、私は逆に冷静になってしまいました。しかしてっきり面接には落ちたものだとばかり思っていたので、思わぬ一次面接合格にとても嬉しかったのを覚えています。

しかも前に違う転職会社に紹介されて無理やり受けさせられた、働きたくもないしょうもない会社ではなく、大企業の面接に受かったことで自信も出てきました。話によると二次面接は社長同席のもと行われるとのことらしく、実質それが最終面接になるとのことでした。

これが最後です。頑張りましょう!転職会社の担当者は電話の最後に再びそう言いました。確かにここに来て大企業に就職が決まれば人生は変わるだろうな、そう思い普段あまり物事を期待したりしない性質なのですが、この時ばかりは珍しく頑張ってこのチャンスを勝ち取ろうと思いました。