海外移住日記 第23話

Pocket

社長面接

海外移住日記第23話 タイ就職活動編

最終面接の日。朝9時にシラチャに着きました。面接時刻が10時のためでしたがまたまた早く着きすぎてしまいました。バンコクからシラチャまではバスで2時間かかります。もちろんエカマイに行ってすぐにバスに乗れるわけではありません。1時間とは言わないが30分前くらいには着いてバスを待つ必要があります。

シラチャから会社までの移動時間も最低でも30分は見ておいた方が良い。ということで前回同様シラチャに1時間前に到着していました。そしてその結果朝5時起きでの出発となりました。正直眠気で頭がぼーっとしていました。しかし今日は人生を変える大事な日。早速たむろしているトゥクトゥクに会社まで交渉。前回同様150B(約450円)で行ってくれるとのことでした。そして当然帰りの予約もしておきました。

面接は社長同席の最終面接でした。しかし初めは一次面接の時にいた日本人の担当(と言ってもNO2らしいが)ととりとめのない話をして時間を過ごしていました。

30分ほどして社長が登場。

第一印象は、寡黙な職人みたいな人だな、でした。そして私の履歴書、職務経歴書を見たまま黙り込みました。そしてその沈黙の時間がしばらく続いた後、

結婚してますか?

>いえ未婚です。

タイ人との結婚は考えられますか?

>はい。良い縁があれば。

そうですか。いやね、できれば長く働いてほしいんですよ。未婚であれば今後結婚という話も出てくると思うんですが、その時にタイ人との結婚が考えれない人は長く続きません。

>なるほど。私的には全く問題ありません。

そんなやりとりの後再び沈黙。そして一言。

いいんじゃないか。

隣のNO2へとそう言いました。

それでは採用ということで。

唐突に大企業への就職が決まってしまいました。まさかその場で決まるとは思っていなかったので私も驚きました。

はあ。そうですか。有難うございます。

そう言うのが精一杯でした。それでは、と社長は席を外しました。

そしてそれからは人事担当から諸条件の詳細を伝えてもらいました。まあ面接前に転職会社よりざっくり条件は聞いていましたが、その詳細を英語とタイ語で聞かされました。

全く理解できなかった。わけではありませんが半分くらいでした。要するに給料の一部を積み立てに回すことができ、それが何年かたまると数%の利子がついて返ってくる、みたいな話でした。

まあ大企業だし、福利厚生はしっかりしている、そういう話を聞いていたのでそんなに重視していませんでした。というより日本で働いていた時には福利厚生なんて皆無でした。ボーナスすらもらったことがなかったので、それだけでもありがたいと思いました。

そういうわけで、まあ分からなければまた聞けばいいや、そのくらいの気持ちでで正直話は聞き流していました。ただ一番の心配はビザとワークパーミットの件でした。尋ねると、もちろん入社前にすべて取得していただきます、とのことでした。全てそろってから入社、就業開始になるとのことでした。

そしてそれからビザ、ワーパミ取得のため書類と格闘することになります。