タイで過ごした時間は修学旅行の夜の続き

Pocket

タイで一周回った遊び方

私は大学を卒業してすぐに就職しませんでした。と言うよりも学生時代に就職活動なんて全くしませんでした。ひたすらに海外をずっと放浪していました。そんな私を見て両親は諦めていたのか、大学卒業と同時にタイに行くと言った私を止めることはありませんでした。

そして私は当然のようにバンコクのカオサンへ向かいました。その当時毎日タイで遊んで過ごしていた時のこと。カオサンでは同じ宿に泊まっている日本人と一緒に行動を共にしていました。タイに移り渡った初期に私がよく遊んでいた日本人グループには、イギリス留学前の女の子がいました。そのため不健全な夜遊び等はせず、健全に飲みに行ったり、宿の下のサロンで酒盛りをして語り明かす、そんな生活を毎日のように送っていました。

しかし1か月ほどでその娘がイギリスに旅立ってしまうと、女っ気のなさと夜の誘惑に耐え切れず自然と夜遊びしに行く様になりました。初めはお決まりのゴーゴー遊び。そこで女の子の連絡先を聞き、店外で会う。その後はテルメで、そしてお風呂でも同様のことをしていました。

夜な夜な夜の街に繰り出してはバンコクの夜のパトロールをしていました。しかしそんな生活も連日続くとさすがに飽きてきます。すると今度はクラブ通いにはまりだしました。今では40手前のおっさんの私ですが当時は20代前半。20代前半の日本人の4、5人のグループ、しかも今から15年以上前。これが非常にモテました。びっくりするくらい。

大概毎回クラブに行くとナンパに成功していました。しかしあまりの成功度の高さにどこか感覚がマヒしてきたのだと思います。次第に女の子と肉体関係を持つことに満足感を持てなくなっていきました。その結果どういう遊び方になり行き着いたかというと、

クラブに行く→女の子をナンパする→女の子の部屋に行く→

そこで酒盛りをする→そのまま皆で雑魚寝する

→そして翌日の夕方くらいまでまったり過ごし宿に戻る。

この一連の流れの中で女の子の体には指一本触れていません。そしてその日の深夜になるとまた女の子から連絡があり、

今日もうちの部屋においでよとなり、また酒盛りからの雑魚寝、

という生活をループすることになります。しかししばらくすると女の子の方が呆れてきます。そして怒り出します。

何で何もしないの?

こちらとしてはただ仲の良い友達とタイ人の女の子と空調の効いた、女の子の部屋で一緒に酒を飲み、酔っ払い、そして雑魚寝する。そんな時間を過ごしたかった、ただそれだけになっていました。

それはまるで、小学生の修学旅行の夜、のような、先生の目を盗んで女の子の部屋に忍び込み皆で車座で話す。そんな懐かしいドキドキ感を再び味わいたかった。ただそれだけ。ある種の幼児退行のようなものなのかもしれません。おっさんになった今、なんともったいないことをしていたのだ、そう思いますが当時はそれで満足していたのだから仕方がありません。

お金がどれだけあっても時間を戻すことはできません。しかしあの時確かに私たちは、小学校の修学旅行の夜のあの時間に戻っていました。ある意味ではものすごく有意義な時間を過ごしていたのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする