海外で危険に慣れておかしくなった話~銃乱射事件

Pocket

銃乱射事件に遭遇

ブラジルは治安が悪い。そしてサルバドールも治安が悪かった。偏見なのかもしれませんが、やはり黒人が多いところは治安が悪いのかと思ってしまいます。しかしおよそ半年間黒人が多く住む町サルバドールに住んでいると良くも悪くもそんな治安の悪さにも慣れてしまってしまいました。

今私は平和でのんびりとしたタイに住んでいます。今から考えると我ながらよくあんな治安の悪いところで無防備に好き放題暮らしていたなと思います。そんなサルバドールではほぼ毎日どこかしらでフィエスタ(お祭り)が開かれていました。

有名なものでは世界遺産にもなっているサルバドールのダウンタウンのフィエスタでした。そしてダウンタウンでは毎日どこかしかの店でパーティーが開かれ、店の外まで人が溢れ出し、皆ビール片手に楽しそうに踊っていました。

しかしやはりなんといっても面白いのはローカルのフィエスタでした。ダウンタウンのように多少観光地化されたフィエスタでなく、まさにローカルの人たちが楽しむ本当のブラジルのフィエスタが味わえました。

しかしそこは何といってもブラジルのサルバドール。治安の良さと面白さは反比例します。治安の良さを取るか、それとも面白さを取るかの2択を迫られます。そして当時まだ若かった私は治安よりも面白さを選んだのでした。

そんなある時。宿主に連れていかれたローカルなフィエスタでのこと。それは廃墟になった幼稚園みたいなところで行われた大きなフィエスタでした。人の数はすごかったです。1000人近くはいたかと思います。

初めは私を含む4人で行動していましたが途中から思い思い行動するようになりました。帰りだけ一緒に帰ろうと約束だけをして。ナンパなんて私の柄ではなかったのですが、いやらしい目的ではなくただ純粋にローカルな人たちに興味がありました。そしてつたないポルトガル語で何とか意思疎通をしていました。

そんな最中突然乾いた銃声が鳴り響きました。そしてその直後に沸き起こる悲鳴。と言っても私には銃声は聞こえていませんでした。私が聞いたのは、というか目にしたのは、周りにいた女の子が突然悲鳴を上げて近くの建物の陰に隠れたところでした。何何?と思いつつもその時私は何がなんやらわからず悠然と椅子に座ってビールを飲んでいました。

周りを見渡すと気づけばのんびり椅子に座っているのは私だけ。それ以外の人は皆建物の陰に固まって避難していました。そんな私を見た近くの女の子がすごい形相をしながら、こっちに来い、と手招きをしてくれました。何事か!と思ったというよりも、女の子に呼ばれたから、という理由で彼女の近くに寄って行ってみるとすぐに腕を掴まれ、早くこっちに来て隠れて!、的なことを言われました。

何何?何事?何があったの?そう尋ねると彼女は何かを言いました。正直何を言ってるのか分からなかったので、分からないと答えると、彼女はわかりやすく指で銃の形を作ってくれました。そしてバンバンと。そして唯一聞こえたポリスという単語。そこでやっと理解できました。

おそらく悪い人と警察が銃を打ち合っている。その銃撃戦の音がしたため皆避難しているのだと。そして流れ弾に当たらないようにしているのだと。そしてそのことに気が付いていない日本人がボケっと一人ビールを飲んでいて危険だから手招きしてくれたと言うことが分かりました。

そのままの姿勢でどれくらいいたのでしょうか?おそらく30分ほどくらいだったかと思いますが不思議と恐怖とかはありませんでした。それよりも過去の危険な経験の時の様に、何か面白いことが起きている、という気持ちでした。これは話のネタになる、と思っていました。

今から考えると異常ですが、当時は本当にそう思っていました。完全に危険に慣れ、麻痺していたのだと思います。むしろ女の子と密着して話せてラッキーくらいに思っていました。

しばらくして警察からもう危険はないとの通達があり、皆ほっとして元の場所に戻っていきました。私はこれ幸いと自分を危険から救ってくれた女の子と親交を深めようと思っていたのですが、その矢先に日本人の友人が私を心配して探しに来てくれました。

大丈夫だったか?と。どうやら私以外の3人はたまたま近くにいたらしく3人で固まって固唾を飲んで見守っていたらしいです。そしてそこで私がいないことに気づき心配していたとのことでした。普段ならばその心配はありがたく思うのですが何もこのタイミングで来なくてもいいんじゃないかと思いました。

当然ですが銃乱射事件に遭遇したのはそれが最初で最後になります。