ブラジルのサルバドールでの怠惰な日々2

Pocket

翌日早速青い家に引っ越しをしました。青い家は前の宿に比べると立地が奥まっていて多少不便ですが、それでも建物内は清潔で住み心地がよさそうでした。またシーズンがずれているからか部屋に宿泊客は私以外誰もおらず、8人のドミトリー部屋を独占状態で使えました。

ただ初めは快適でいいな、と思っていたのですが途中から寂しくなってきます。当然キッチンも独占状態で冷蔵庫も使い放題でした。しかしその状況で2、3日過ごしてみましたが、誰も新しく入ってくる人はいませんでした。

サンパウロもそうなのですが、ブラジルの治安は全体的に悪いです。よほど地元の地理に詳しいか、事情通でもない限り一人で観光するには限度があります。行動の制限もあります。そして当然やることが限られてきてしまいます。

青い家に滞在していたのはほんの3、4日ですが、やることは限られていました。午前中は人通りの多いところを観光して夜になると近くのスーパーで買っててきた食材を調理して一人で夕食を食べる。そして観光客がいそうなバーで飲む。しかしこんな生活が楽しいのははじめの1、2日だけでした。

青い家は、情報にあったように屋上からの景色は素晴らしかったのですが、それも2、3度見ると飽きてしまいます。そして思いました。せっかくのサルバドールに来たにも関わらず何だこの寂しい生活は、と。

そんな時ふと思い出しました。サルバドールにはスラム街で暮らしている日本人がいるということを。それはサルバドールに来る途中にアルゼンチンブエノスアイレスにいた時の話。隣の部屋にたまたま泊まっていた同年代の日本人と仲良くなり、共用スペースのダイニングでワインをラッパ飲みしながらサルバドール情報を聞いていました。

サルバドールには Jさん という面白い人がスラム街に住んでいると。もしサルバドールに行くのなら一度訪ねてみたほうがいいと。そしてその時にメールアドレスも教えてもらっていました。そのことをふと思い出し早速そのJさんにメールを送ってみることにしました。

するとその翌日青い家の部屋に突然の来訪者がありました。それはそのJさんでした。何でもちょうどダウンタウンに来ていたので青い家に寄ったとのことでした。Jさん曰く今部屋は開いているので歓迎するとのことでした。そこでJさんの経営する?J宿近くまでの生き方を教えてもらい待ち合わせをすることにしました。

その2日後私はスラム街にあるJ宿に移ることになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする