海外移住日記 第26話

Pocket

およそ20年ぶりのシンガポール

海外移住日記第26話 タイ就職活動編

シンガポールでのビザ取得の日程は2泊3日の強行軍でした。水曜の夜にシンガポール着、木曜の朝に在シンガポール・タイ大使館にてBビザ申請。そして金曜の午後にパスポートを受け取ってその日の夜の便でバンコクに戻る、という予定でした。

さすがは大企業。いや当たり前かもしれませんが、一連の手続きにかかる費用は全て会社持ちでした。私は久しぶりにシンガポールの地に降り、会社が取ってくれたホテルに向かいました。

ホテルは地下鉄チャイナタウン駅から歩いて5分ほど、インド人が経営している小さな、しかし清潔な宿でした。着いた時間が遅かったというのもありチャイナタウンのレストランは軒並み閉店になっており仕方がないのでマクドナルドに向かうことにしました。まあどうせ2泊3日だしな。そう思い我慢しましたが、20年近くぶりのシンガポールで驚いたのは何より物価でした。日本よりもはるかに高い。

翌日大使館は9時から開いているとのことなので、少し開館よりも少し早めに行くことにしました。開館時間よりも15分ほど前には着きましたが、大使館の前には既に30人ほどが列を作ってならんでいました。私も彼らに続き大使館が開くのを待っているとほぼ定刻通りに大使館の扉が開きました。中に入りチケットを受け取ると自分の番号は29番でした。

30分も待っていると自分の番が来ました。会社の人事担当のタイ人スタッフからはこの書類をそのまま大使館の職員に渡せば全部わかってくれるから、そう言われていたのでそのまま手渡し職員が書類のチェックが始めました。特にすることもないので、ぼーっとしていると、何か話しかけられました。

何?終わったの?ok?

>NO。書類が足りない。

え?書類が足りない?嘘!?

正直大使館に何の書類を持って行っているかなんてわかりません。ただ持って行って提出すればいいだけだからと言われていました。一気に眠気が覚め、何が足りないの?そう聞くのが精一杯でした。職員は、私の給料を記載した書類、が抜けていると言いました。そして、こういうの、と言いながら他の人の提出書類を見せてくれました。

これがないとダメなの?

>そう。

どうすればいいの?

>その書類を持ってもう一回申請して。

この書類もらっていい?

>ダメに決まってるでしょ。

>その代わりこの書類を写真に撮って会社に見せなさい。こういう書類が必要だと。

というわけで足りないと言われる書類の写真を撮り、追い出されるように大使館を後にしました。ここでふと問題があることに気が付きました。シンガポールでの滞在はたった2泊3日。まさかこんな問題が起こるとは想像だにしていなかったため、荷物は最軽量の格好でやってきていました。スマホの充電器すら持ってきていませんでした。というよりタイのスマホはそもそもシンガポールでは使えない。ただの時計代わり、目覚まし代わり、カメラ代わりとして持ってきていました。

今の現状をどうやって会社に伝えればいいのか?というより明日ホテルのチェックアウト予定だ。今日申請できないということは当然明日の受け取りも不可。飛行機のチケットの日程も変更しなければいけない。何より先に会社に伝えなければいけない。とりあえず落ち着くためにもホテルに戻ろう。

そう思い帰路に着きました。ホテルに戻り現状を国際電話で伝えようとするも、小さいホテルだからか何なのか国際電話はできないと言われました。何でだ?!!

じゃあどうすればいい?そう聞くと、

>国際テレフォンカードを買え、と。

それはどこに売っているのだ?

>セブンイレブンに売っている、とのことでした。

分かったと言いセブンに行って、国際テレフォンカードをくれと言ってみるも売っていません。もう一度ホテルに戻り、売ってなかったぞ!、と文句を言うと、じゃああっちに行けと別の店を紹介されるもそこにも売っていませんでした。仕方がないのでテレフォンカードを探している間に見つけたインターネットカフェからメールを打つことにしました。余談ですがインターネットカフェに入るのなんて10年以上ぶりでした。

本日朝一で大使館にビザ申請に向かいましたが、書類が足りないと言われ申請できませんでした。足りないと言われた書類は添付した書類です。どうやら給料の額が抜けているようです。どうすればいいでしょうか?

およそそのようなことをEメールで打ち、会社からの連絡を待つことにしました。そしてホテルに戻りしばらくするとホテルの部屋に敷設している電話が鳴りました。会社の人事の担当からでした。

書類が足りないって言われたんですか?

>そう。どういうことですか?

今調べていますが、どうやら今年から申請書類が増えたようです。

>えー。どうすればいいですか?

今から不足分の書類をPDFで添付して送ります。

>でももう今日の申請は時間がないですよ。

そうですね。

>しかも明日は金曜だから受け取りは月曜になりますよ。

そうですね。今からチケットの変更をします。

>分かりました。ホテルは?

ホテルの延泊をして下さい。お金は払っておいてください。あとでお返しします。

というわけで2泊3日の予定のシンガポール滞在が、5泊6日のそこそこ長い滞在に代わってしまったのでした。