ブラジルのサルバドールでの怠惰な日々その4

Pocket

サルバドールのスラムでの毎日はダウンタウンでの生活とは大きく違いました。ダウンタウンのように観光する場所は全くなく、ただただスラムに住む現地の人たちのリアルな生活がそこにはありました。

初めはスラムということもあり緊張して暮らしていました。しかしここのスラムとJさんとの関係※スラム出身のサーファー仲間にこのスラムの家を紹介され、引っ越しをしてきて3年近く不法滞在している。を聞き日本人にとって安全なスラムということが分かってからは危険なはずのスラムが逆に好奇心をそそる興味津々な場所に変わりました。

上半身裸、裸足で走り回る子供たちや歩き回るおじさん。タンクトップと短パン姿で踊るように歩く女性たち。真昼間から何をするでもなく日がな一日道端に座り屯っている若者。

ダウンタウンでは観光客の西洋人が多少いましたがスラムには、当たり前ですが、全くいませんでした。世界中どこにでもいる中国人もいませんでした。そこにいたのは黒人やローカルなブラジル人、そして私達、数人の日本人だけでした。

私達日本人にとってこのスラムはダウンタウンよりもはるかに安全でした。そのためダウンタウンでもできなかったようなことをこのスラムではできました。そして興味津々で毎日スラムの隅々まで歩きまわり探検をしていました。

そして夜になると宿主のJさんが夜遊びに連れて行ってくれました。遊び先は主にフィエスタ(お祭り)。そこでお酒を飲んで踊りまくりました。フィエスタ会場は地元のスラムのこともあればダウンタウンや違うエリアのスラムなど、色々なところへ連れて行ってもらえました。

おかげでおそらく普通にブラジル旅行をしていたならば、およそ立ち入ることすらできないところにも行くことが出来ました。しかしだからと言って四六時中Jさんに付いて回るわけにはいきません。次第に自分一人でもスラム内を深夜遅くまで飲み歩くようになりました。

そんなある日のこと。その日はスラム内のとあるバーで大規模なイベントがあると聞きつけ、夜の10時くらいに行ってみることにしました。しかしその途中突然雨が降り始めました。もうあと100m行くか行かないかのところにバーがあったのですが雨脚が強くなってきたので緊急避難としてバーの手前にあった、バーガースタンド兼オープンレストランみたいな店があったのでその軒先で雨宿りをすることにしました。

しかしただ雨宿りするだけでは申し訳ないと思いハンバーガーとビールを注文することにしました。そこで注文をしたウェイトレスとなぜかこの後、約半年間半同棲することになります。