タイで初めてできた外国人の彼女

Pocket

タイのチェンマイでできた彼女

学生時代バックパッカーとして海外を放浪している時、旅先で女性との出会いがかなりありました。それこそ日本で普通に暮らしている時よりもありました。同じ旅人の日本人女性や外国人女性、そして現地の女性。そのどれもが旅の恥?はかき捨てなのか、短期間で終わってしまうものが多かったです。その後多少メール等でやりとりはするものの長く続いたことはありません。旅先でお互い気分が鷹揚になっているのか、それともどこか一人旅の寂しさがあるのか。しかしそんな中、タイのチェンマイで初めて彼女と呼べる存在ができました。

チェンマイに住み始めた当初の頃。当時は毎日のようにマッサージ学校の友達と行動を共にしていました。当時22歳だった自分と40代の女性3人と30代の男性一人、というのがいつもの5人組でした。ある日夕食を一緒に食べた後、ターペーゲート近くにベトナム人のやっている画廊があるから行ってみようという話になりました。

その店で一人のタイ人の女の子と出会いました。彼女は初めは一人で絵を見ていたのですが、友人の女性の一人が彼女に話しかけ、最終的に画廊のオーナーを含む7人で何やかんや会話をすることになりました。しかしその時私は会話なんてそっちのけで彼女のことばかり見ていました。彼女はそれくらい可愛くて魅力的な娘でした。ちなみに友人の女性の一人は、嘘か本当か分かりませんが自称占い師でした(しかも当時頭も坊主だった)。そのせいかやたら人の話を聞くのが上手く、気づいた時には彼女は友人のその女性に向かって何か必死に話していました。

後からその女性の友人に聞いたところ、彼女は昔バイセクシャルで悩んでいたとのことでした。今では男性のみに興味があるが、またいつか女性に興味が出てきそうで怖い、とかなんとか話してきたそうです。初対面の人にそこまでプライベートなことを話させるなんて、この人コエ―、とも思いましたが、それだけ友人が聞き上手だということなのだと思います。

そんなことはともかく、私は彼女と友人の女性の話を傍で聞いているだけだったのですが、それでも一緒に過ごしている時間が楽しくてこの時間がもうしばらく続けばいいのにとか思っていました。

結局2時間近くはその画廊にいたと思います。当時は今のようにまだ携帯電話がそこまで普及していない時代。私もその後すぐに持つようになるのですがその時はまだ持っていませんでした。そのため連絡先を聞くことはできなかったのですが、かろうじて彼女の働いているレストランの名前を聞くことができました。そしてその日はお開きとなって解散となりました。

そしてその翌日のこと。いつものようにマッサージ学校の帰り道。宿に帰ろうとその日は何故かいつもとは違う道で帰っていた時。突然後ろからバイクのクラクションが鳴りました。振り返ってみると昨日画廊で会った彼女がいました。

どこ行くの?

>宿に帰る途中

じゃあ送っていく

>マジで!?有難う!

と突然の再会と嬉しい驚きがありました。そして彼女の運転するバイクの後ろに乗りおよそ1キロほどの距離を彼女に送ってもらうことになりました。宿の前まで送ってもらったもののこのまま別れるのはさみしい。かと言って部屋に誘うなんてスペックは持っていない。どこかでお茶でも・・・誘いたかったのですが彼女は忙しそう。ということで彼女に明日の予定を聞きました。すると明日はレストランで仕事だということでした。

じゃあ明日8時に店に行くわ。

>本当?じゃあ待ってる。

OK!約束っ!

そんな感じで次の日の約束をしてその日は彼女と別れました。