海外移住日記 第27話

Pocket

シンガポールで水餃子の美味しさを知る

海外移住日記第27話 タイ就職活動編

その日の夜、会社から不足分だった資料がメールに添付されて届きました。早速プリントアウトして次の日の申請に備えました。金曜の朝、昨日同様朝一に大使館に並び今度は無事に申請することができました。パスポート受け取りは月曜日の午後。これでやることは全て終わりました。

逆に言うと金曜の午前から月曜の午後までやることが何もなくなってしまいました。シンガポールでの滞在が思わぬ形で3日伸びたのはまあそれは良い。しかし私は2泊3日のつもりで来ていました。しかもそのうちの1泊は夜にシンガポールに着いてすぐ寝る程度の予定でした。

つまり想定では実質1泊2日くらいだと思っていたので服もほとんど持ってきていませんでした。かと言って物価の高いシンガポール服を買いそろえるなんて真っ平ゴメンでした。仕方がないので久しぶりに、部屋の洗面台に水をためて洗濯をする、というバックパッカー以来の行動をすることにしました。服を洗剤じゃなくて石鹸で洗うのも久しぶりでした。

またそもそもシンガポールでの生活にも困ってしまいました。滞在が短いので特に観光することも考えていませんでした。かと言って延びた3日間をホテルの部屋で過ごすのはもったいない。というわけで気持ちを切り替えてシンガポール観光をすることにしました。

と言っても情報が全くないのでネットカフェで早速情報収集。有名と言われているお寺のサルタンモスク、リトルインディア、アラブロード、マーライオン、マーライオンパークから見える有名なホテルのマリーナベイサンズ。そして夜にはクラークキー

などなど久しぶりに観光客気分になろうと気持ちを切り替えて楽しむことにしました。そして肝心の食事ですが、正直シンガポールで食事には困りませんでした。会社が宿をとったのが中華街ということもナイスな選択でした。中華街にはホーカーズと呼ばれるフードコートがそこらじゅうにありました。

ホーカーズとは、かつては屋台がそこらじゅうにあったのものを衛生的・景観的・交通的な理由などで一部に固めたものらしいのですが、これが圧巻でした。タイのバンコクにも大型のスーパーやデパートなどには必ずフードコートがありますが、規模はその数倍から数十倍でした。

シンガポールのホーカーズにはシンガポール料理から中華料理、日本料理、インド料理、西洋料理など何でもござれでした。嬉しかったのはビールの販売もしていたこと。朝から観光して疲れて中華街に戻ってきて、夕暮れからホーカーズでビールを飲んで飲んだくれる、というのが、シンガポールでの私の日々でした。ちなみにシンガポールのホーカーズで水餃子の美味しさにすっかりはまり、それ以降タイに戻ってきてからも自分で水餃子を作るほどでした。

そんなこんなでシンガポールの時間は過ぎていきました。そしてビザを受け取る緊張の月曜日・・・私の杞憂はどこへやら何の問題もなくパスポートを受け取ることができました。そして予定通りその日の夜の便でバンコクへの帰路に着いたのでした。