海外移住日記 第28話

Pocket

家無き子。突然入社日が決定

海外移住日記第28話 タイ転職編

シンガポールよりバンコクに戻った次の日には書類を会社の担当者に全て手渡しました。その数日後ワンストップサービスなる場所へタイ人のスタッフと共に行き、ワーパミ取得のための手続きに入りました。名前の通りワンストップで何が行われているのかは私には全く見当がつかないまま手続きは進んで行きました。

そしてこれで準備は完了しました。用意ができましたら連絡しますから。そう言われオフィスを後にしました。しかしシンガポールでの強行軍やストレスが原因か私はバンコクに戻るとひどい風邪をひいてしまっていました。正直ビザの切り替えやワーパミ取得どころではありませんでした。そんな中会社から突然連絡があり、1週間後に入社していただきます、と言われてしまいました。

いやいやちょっと待ってくださいよ、私まだ引っ越しどころかシラチャで住む新しいアパートも探してないですけど。

>あと1週間で何とかなりませんか?

いや無理です。アパートを決めるのはまだしも引っ越しまでは無理です。

 >・・・少々お待ちください。

電話の相手が変わり、面接を担当していた日本人のNO2に変わりました。

うーん、何とかなりませんか。こちらもその日で入社の準備をしているので。

>そんなこと言われても。住むところがないですよ。

それじゃあバンコクまで車で迎えに行かせます。その車に引っ越しの荷物を積んで少しずつ引っ越すというのはいかがですか。

それならいけるか。そう思ってしまいました。正直かなりきつい作業ではあるのですが。またバンコクからシラチャまで出勤しなくてはいけないため早起きしなくてはいけません。しかしまだ入社も済ませていない会社に面倒かけるわけにはいかないのも事実。

そう思ってしまった私はやはり社畜根性が抜けていなかったのでしょうか?日本人らしい、こちらが我慢すれば丸く収まる根性、が出てしまいついつい、それじゃあ分かりました、そう答えてしまっていました。

しかし引っ越しの問題はそれで済むとはいえ、新しい住居を探さなくてはいけませんでした。というわけで急きょシラチャでのアパート探しをしなくてはならなくなりました。しかし既述のようにその時私は体調をすこぶる崩しておりボロボロの状態でした。そんな状態でシラチャまで向かいアパート探しをすることになりました。

まあシラチャ自体小さい町なのでそんなに歩き回る必要もないのですが、風邪をひいてボロボロの状態の私にはかなりの苦行でした。幾つかの部屋を見て周りましたが、そんな中目星をつけていて一番初めに見学に行ったアパート、実はコンドミニアムなのですが、そこが一番条件に合っているということでそこに決めました。

そこがシラチャプレイスでした。早速コンドミニアムのスタッフに来週からここに住むからと伝え、デポジットとアドバンスの支払いを終えてバンコクへの帰路に着いたのでした。