海外移住日記 第29話

Pocket

シラチャに着くのはいつも1時間前

海外移住日記第29話 商社オーバースペック編

入社当日。私は夜がまだ完全に明けきっていない時間にドライバーからの電話でたたき起こされました。一瞬寝過ごしたかと思い冷汗をかきましたが、よくよく時計を見てみると約束されていた時間よりも1時間ほど早いことに気づきました。

タイ人ドライバーに問いただすと、何でも早く着きすぎてしまった、と。早く着いたのはいいのだが、警備員止められ、当時私が住んでいたアパートの駐車場に入れないとのことだった。まあ仕方がない。我ながらお人よしだとも思ったが、予定していた時刻よりもかなり早い時間に会社に向かうことにしました。

通常バンコクからシラチャまではバスで2時間を見ておいた方が良い。しかしその日はバスではなく乗用車。しかも朝早くでした。予想していた2時間ではなく、1時間半もかからず到着してしまいました。会社の担当者から指定されていた時間よりも1時間近く早い時間に会社に到着しました。オフィスは開いているものの、当然誰も出社して来てはいませんでした。

結局面接を受けた応接間にて待つこと1時間と少し。ようやく担当のNO.2がやってきました。その場で簡単な挨拶をし、そのまま社長室へ向かうことに。社長に入社の挨拶をして、次はオフィスの全社員の前に引きずり出されました。

面接時にもなんとなく分かってはいたのですが、とにかくオフィスがでかいです。そしてそのオフィスに100人近い社員が一緒に働いている。ある種壮観な眺めではありました。予想はしていました。でも、そうならなければ良いな、とも思っていました。と言うより願っていました。でも現実とは常に厳しいもの。大体悪い予想が現実化してしまいます。と言う訳で100人全員が呼び出され、全員の前で自己紹介をさせられる羽目になりました。

一応。一応最悪のケースのことを考えて用意していた自己紹介がありました。そして何とかその場は切り抜けることができました。その後はお返しとばかりに100人全員の名前を聞かされました。まあ5人くらいの段階で名前を覚えるのは諦めたのですが。

そんな地獄の時間が終わり、席に案内されました。とりあえず最初が肝心だと思い隣に座っている女性にタイ語で話しかけてみました。

名前は何ですか?

>え?私日本人ですけど。

あ、そうなんですか?

何と隣に座っていたのは日本人の女性でした。そしてその女性が私の教育係になることになります。