海外で日本人は男女共にもてる

Pocket

海外での出会い。

海外に行くと日本人はもてる。男女共にもてる。これは意外かもしれないが事実です。日本人女性がもてる、と言うのは何となく聞いたことがあるという人も多いと思います。大和撫子、性格がおだやか、働き者、なんてイメージが外国人にはあったりします。またドラマ、おしん、の影響も強いのかもしれません。

ちなみに日本人は世界的に見ても肌が綺麗な国民として知られています。これは、女性だけでなく、男も同様に。もちろん人によることはありますが大概どこの国に言っても、日本人は肌が綺麗、と言われるし、自分達でもそう思う。というか西洋人の肌が汚いだけなのではあるんですが。

何の根拠もなく適当に言いますが、これはお風呂の習慣があるからなのかなと思っています。日本人は世界で唯一、ではないだろうが、毎日のように湯船につかる習慣がある、お風呂大好きな国民。そんな日々の習慣が肌を綺麗にしているのかなと思います。

話は戻って海外では、想像しているより日本ブランドと言うのは強い。もちろんお金目当て、というのも否めないけれど、でもお金を持っている人に人が群がると言うのは日本国内でも世界中どこでも同じこと。

しかしそれ以上にも、日本人=優しい、真面目、誠実、ちゃんと仕事する(実はこれが大きい。日本では仕事をしていること自体当たり前だったりするが、海外の男は働かない男が多い。特に南国では、その分女性が働き者のケースが多い。いわゆるヒモ状態)

そんな方程式が出来上がっていることが多い。まあ優しい、真面目というのは、ただNOと言えないだけ、働き者とは、日本特有の社畜洗脳から抜けきれていいないだけなのかもしれませんが、とにかく総じて好印象になっています。

また別の意味でも、もてます。それは海外で現地の女性や外国人と話す場合、日本語以外の母国語では言葉で話すことになるため同じ言語を喋る日本人女性には到底言えないよな歯の浮いたセリフが言えるということです。言えるというか、羽目を外しているとかではなく、単にボキャブラリーが少なく、そういうダイレクトなセリフを言わざるを得なくなるわけです。

イタリア人が日本でもてるのは、愛してるだの、可愛いだのをはっきりダイレクトに伝えるからだ、とイタリア人のタレントが言っていた気がします。もちろん元々イケメンだったりお洒落だったりという理由もあるのでしょうが、それでも一理あると思います。

女性はなんだかんだ言ってもはっきり好意を示してくれる、積極的な男に好意を持つのだと、なんか本にも書いてあった気がします。流ちょうに話せない、ボキャブラリーが不足していることが逆に功を奏すわけです。ということで海外での異性との出会いはかなりあります。

私も海外生活がトータルで10年近く経ち、そんなモテる状況を悪用して遊びまくっている日本人男性も女性も何度も見ています。もちろん遊ぶだけでなく、ゴールインした人もいますし、逆に遊ばれて日本に戻った人もいます。

ただそれは別に海外だから、という訳ではなく日本国内でも同じこと。それなら異性との出会いや交流の多い海外で暮らした方が楽しいのかな、と思います。そしてこれが、ドキドキした生活をしたい、という海外移住を考えた理由の一つでもあります。

このまま40代に突入してもちょい悪オヤジとは言いませんが、もう少しドキドキした毎日を送りたいと思います。その前にちゃんと相手を見つけて腰を落ち着けろよとも思うのですが、まそれは相手もあることなので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする