夢か現かサルバドールでの麗しき日々

Pocket

自分でサルバドールでの日々を思い出しておいてなんだが、今でもサルバドールでの日々は実は夢だったのではないかと思う時があります。実はあれは私の空想の産物なのではないかと。それくらい濃い時間を過ごしました。

幸いにも今私が住んでいるここパタヤに当時ブラジルのサルバドールで同じ長屋で暮らしたバックパッカー仲間がいるため、あの日々が空想なんかではなく実際に体験したものであるということが分かります。

彼と酒を飲むたびにことあるごとにサルバドールの思い出話に花が咲いています。お互いにその話もう何回もしたわ、と言いつつ言われつつ酒の肴になっています。そんなサルバドールでよく思い出すのは、毎日のようにそこかしこで行われるフィエスタと呼ばれるお祭りでした。

いやお祭りというきちんとしたものでなくてもレストランやバーなど、店内で盛り上がると突然皆が踊りだすなんてことがほとんどでした。そんな中あまり日本ではお目にかかれない場面を目撃したことがあります。それは見知らぬ男女が一緒に踊りだす光景。

それはまるでワンピースの戦闘の後の、宴だー!の場面を彷彿とさせます。その場に居合わせた客同士が踊りだす。しかしそれくらいのことは日本でもあるかもしれません。しかし本当に驚いたのはお腹のでっぷりでたおじさんと若くて綺麗な女の子がよく踊っていることです。

これは後からブラジル人に聞いたのですが、ブラジルでは踊りを誘われたら基本断らない、という暗黙の了解みたいなものがあるらしいということでした。日本のお祭り、例えば盆踊り会場ではおよそそんなことはないと思われる光景、そんなまさに美女と野獣のダンスシーンが目の前で繰り広げられています。

フィエスタで踊りに誘えば基本断られない・・・これはチャンスだ!と思い、旅の恥は掻き捨て、とよく女の子にダンスを申し込んでいました。片言のポルトガル語でダンスを教えてとの口実で。

そしてもう一つ思い出深いのはサルバドールには、サルバドールだけで確立されている音楽文化的なものがあり、例えば世界的に大ヒットしているような音楽を寄せ付けていない、独立した音楽文化のある、音楽のメッカでもありました。

そんなサルバドールだから、ある日いつものように近くの屋台街みたいなところで飲んでいると突然何の前触れもなくセッションが始ることが度々ありました。ある時のきっかけはまるで浮浪者のごとき老人でした。とてとてと浮浪者風の老人が歩いてきたかと思うと、突如ずた袋の中から何かを取り出しました。ジャンベでした。そして取り出した途端、突然たたき出したのです。

初めは、おー何かやっとるわー!、くらいに見ていたのですが、そのジャンベの音に呼応するよに近くのレストランの黒服みたいな人が店からギターを持って出てきました。そしてそのジャンベに合わせてセッションをし始めました。それからは近くの屋台の店主のおっさんやらウェイトレス、通行人らが続々とそのセッションに加入し始め、最終的にはそこに客として来ていた太ったおばちゃんが歌いだしました。

もう皆大盛り上がりでした。気づいたら周りの人は皆踊り狂っていました。私も彼女と彼女の友達に促され、その踊りの輪に無理やり連れていかれ踊る羽目になりました。そんなまるで映画のワンシーンのようなことがごく自然に起きるのがサルバドールの毎日でした。

あんな経験はもう二度とすることはないのだろうな、そう思うと何かせつなくなります。しかしだからこそ思います。やはりあれは私の夢の中の産物なのではないだろうか、と。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする