海外移住日記第37話 20年ぶりにラオスへ

Pocket

20年ぶりのヴィエンチャンは思い出のまま

海外移住日記第37話 サービスアパート管理人編

シラチャからラオス行きバス(正確に言うとラオスではなくタイとラオスの国境にあるノーンカーイまでのバス。そこからラオスの首都ヴィエンチャンまでは降りたバスターミナルから出ている国際バスに乗る)

ラオス行き当日、バスは予定していた時間よりも1時間近く遅く出発しました。一番高いVIP席を取っていたため1列のバス席でした。隣に誰もいないというのはやはり快適でした。そしてタイのバスあるあるだと思いますが、極寒でした。周りを見ると皆頭から毛布をかぶっています。一体誰が得をしているんだこの寒さは。しかし当然のように温度調節は不可でした。

そんなこんないろいろな問題はありましたが無事にノーンカーイに到着しました。ノーンカーイは大学生ぶりでしえた。およそ20年ぶりです。昔ラオスからタイへ陸路で超えて戻ってきた時に、1泊だけのつもりがあまりの居心地の良さに7日ほど何もせずにだらだら過ごした経験のる町でした。

何せこのノーンカイ、お隣のラオスの首都ヴィエンチャンよりもよほど町として大きいし栄えています。20年前ですらそうだったがのですが、久しぶりにノーンカーイを見るとさらに栄えていました。とは言っても私の今回の目的はあくまでもラオスでのタイの観光ビザを取ることでした。ノーンカーイで遊んでいる時間はありませんでした。

ノーンカーイに着き、その足でヴィエンチャン行きの国際バスに乗りました。乗客はほとんど現地の人と思われたがちらほらと外国人の姿も見受けられました。まずはタイのノーンカーイの出国審査を行い、それが過ぎるとまたバスに乗り、今度はラオスの入国審査。朝一ということもあり思ったよりもスムーズに進みました。

無事にラオス入国を果たすと再びバスに乗り、ヴィエンチャン市内のタラートサオを目指しました。ラオスの中心街に到着した・・・20年前とほとんど何も変わっていない!中心街とはいえタイの地方都市のバスターミナル周辺と言った感じでした。アジアは急成長しているんじゃなかったのか?

驚く半面、昔を思い出し懐かしく思う自分がいました。しかし外は雨が降り出しそうな天気でした。これはまずいと郷愁はそこそこに本降りになる前に宿を目指すことにしました。ちなみにホテルはネットで予約をしていました。格安のドミトリールームすらネット予約できるとは何と便利な時代になったことか。

ドミトリーにしたのは別にお金をけちっていたという理由だけではありませんでした。というよりは、短期間の滞在予定、かつ久しぶりにバックパッカー気分を味わおうというのが今回のラオス滞在の裏テーマでした。前鉄鋼会社のビザ取りでシンガポールに行った時、時間ができたため、気分を変えて観光したのが意外と楽しかったので、今回も同じ気分を楽しもうと思っていました。

ドミトリーであれば他の国の旅行者たちと交流ができて面白くなるかな、と思ったのですが、これがまさに大当たりでした。