海外移住日記 エピソード0

Pocket

バックパッカーのすすめ

私は学生時代バックパッカーをやっていました。しかし元々は海外旅行なんて全く興味がありませんでした。英語も科目の中で一番嫌いでした。そんな私がバックパッカーになったのはほんのふとしたことがきっかけでした。

それは当時同じアルバイト先にいた一つ年上の先輩がバックパッカーだったということ。私は当時大学生でした。そしていっちょ前に普通に暮らしていることにうんざりして、退屈していました。そんな時に出会ったこの先輩の生き方、バックパッカーとして海外を長期間放浪している姿がが私にはとてもカッコ良く見えました。

その先輩は大学を休学しており、バイトをしてお金が貯まったら海外に長期間出かける。そんな生活を繰り返していました。当時海外に全く興味がなかった私は、そのような生き方をしている人がいることも知らず、ましてや実践している人も初めて見たのでとても興奮しました。そんな世界があるのだと。

そしてそれからというものその先輩の部屋に入り浸るようになりました。お酒を飲みながら旅の写真を見せてもらいながら先輩の海外放浪記に聞き入っていました。それはまるで私にとっての千夜一夜物語のようでした。

しかしある日、突然先輩がバイトを辞めると言い出しました。そうお金が貯まってしまったのでした。このお金をもって今度はインドとパキスタンに行ってくると。パキスタンにはジブリ映画”風の谷のナウシカ”に出てくる、風の谷、の舞台になった場所があるんだ、そう目を輝かせながら先輩は話していました。

私はというと、もう先輩の海外話を聞けないのかとー、さみしくなりました。そんな私を見て先輩は、そんなに海外に興味があるなら行ってみなよ、そう言いました。まるでラーメン屋に行ってみなよ、というように軽く。

いやいや自分には無理ですよ。英語も喋れないし。

>中国だから英語関係ないよ。

もっとダメじゃないですか。

>関係ないよ。俺も英語も中国語も喋れないし。何とかなった。

俺には無理ですよ・・・

と言った感じでその日は先輩の部屋を後にしました。しかし実は私の心の中には、ある一つの選択肢が生まれていました。自分が海外に行く?一人で。いや無理でしょう。いや、でも、できるって言ってたし・・みたいな会話が頭の中でずっと繰り広げていました。

そして先輩がバイトを辞める日。いつものように一緒に仕事をして、仕事終わりに先輩の部屋に飲むことになりました。そして先輩は私に、これもういらないからあげるよ、と言って一冊の本を渡してくれました。それが中国の地球の歩き方でした。

その数か月後私は中国に行くことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする