海外移住日記第39話 ラオスでプチひきこもり

Pocket

雨に出鼻をくじかれてラオスでプチひきこもり

海外移住日記第39話 サービスアパート管理人編

その日朝早く起きてヴィエンチャンにあるタイ大使館に行く。そのはずでした。しかし見事に寝過ごしました。いや正確に言えば違います。寝過ごしたというよりも朝に一度起きてはいました。でも外は雨が降っていました。これは仕方がない、しばらく様子を見るか、と思い部屋でしばらく待機することにしました。

ちなみにヴィエンチャンにあるタイ大使館でのビザ申請の朝はものすごく混みます。申請者が皆バンコクなどからツアーでやってくるので数百人は集まります。そのため大使館が開くまでの間に大行列ができ、下手すると1、2時間は待たなくてはいけなくなります。

雨除けの装備を持っていない私は考えました。もし今日大使館に行けば雨が降っている中ずぶ濡れになりながら1、2時間待たなくてはいけない。大使館周辺に雨よけになるようなところはありません。というよりそもそも雨の中、傘も合羽もなくタイ大使館まで歩いていかなければいけない。

考えただけでも憂鬱でした。ということで二度寝をしてしまいました。そして起きたらお昼になっていました。タイ大使館のビザ申請は午前中のみなのですでに閉まっています。・・・まあいいか。明日行こう。そう思い2日目は部屋でずっとごろごろして過ごしていました。

ベッドで持ってきていた小説を読んでいると私の寝ていた2段ベッドの隣の2段ベッドの上にいた女性に話しかけられました。顔立ちからしててっきり中国人か韓国人かと思っていたのですが、話してみると日本人でした。

あのー、もうラオスは長いんですか?

>いやー昨日来たばかりですよ。あなたは?

あー、私も同じです。旅行ですか?

>いやビザ取りです。タイで働くために。

などという感じで会話が始まりました。彼女は24歳の女性で休暇を利用してタイとラオスを旅行しているとのことでした。それから小一時間ほど彼女と喋った後、夕飯を一緒に食べに行きませんかと誘われたので快く了承して別れました。