世界最高の遺跡アンコールワットの観光。ツアー客がいない時がねらい目。

Pocket

アンコールワットを観光

1280px-sunrise_at_angkor_wat

世界最高の遺跡アンコールワット記事参照。そんなアンコールワット観光の始まりは、早朝に宿を出発することから始まります。というのも、日の出と遺跡のコントラストを見る為に他の観光客と場所の取り合いになるからです。

しかし太陽が上がりきり周囲が明るくなり始めると団体のツアー客が、おそらく朝食を取る為に一旦遺跡からいなくなります。そんな客が少なく静かになるタイミングを狙ってがっつり観光するのがベストなタイミングです。

私はツアー客が戻ってくる10時くらいまで4時間ほど好きな遺跡でただただぼーっと本を読んで過ごしていました。そしてツアー客が戻ってくる頃には遅めの朝食を食べに遺跡を離れるという、入れ違いのスケジュールで過ごしていました。そして昼前に再び遺跡に戻り、そこから夕方まで観光をして今度は夕日に沈むアンコールワットを見る、そんな日々を1週間あまり送りました。

一番好きだった場所は?

%e7%94%bb%e5%83%8f-093

そんなアンコールワットですが、私が一番好きだった遺跡はタ・プロームという遺跡でした。それは巨木に喰われている遺跡でした。自然の力を後世に教えるために、あえてそのままの状態、遺跡を食われたままにしている遺跡。おそらく数十年後にはなくなっているであろう遺跡です。

あの自然が文明を凌駕する感じが恐れ多くもあり、神聖な感じがして好きでした。アンコールワットにいた1週間。日の出を見た後はよく朝からタ・プロームの遺跡内に行っていました。ビスケット的なものと水と本だけを持って。バイクの運ちゃんからはお前もここ好きだな、みたいな感じで呆れられていました。

そしてお気に入りの場所を見つけて、まったり本を読んでいると、同じようなことを考えた欧米人の旅行者と遭遇することが多々ありました。その時の、お前もか、みたいな感じで、ハローとだけ挨拶して、お互い干渉せずに立ち去る、そんな心地よい時間が好きでした。

それは今の様に一人旅の女子大生でも気軽に行けるようになるのアンコールワットの話です。まだまだアジアがブームになる前のこと。治安が悪いのではないか、ポルポトの残党が暴れまわっているのではないか、なんて漠然としたイメージだけで語られていた時代です。そんな時代に訪れたからこそ余計に感動したのかもしれません。ちなみにアンコールワットにはその後もう一度行くことになります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

それまでの海外旅行では、遺跡というよりはどちらかというと大自然や現地で知り合う人との出会いの方を重要視していました。若いということもあったのか、はっきり行って人工の遺跡には興味がありませんでした。

しかしアンコールワットはいわゆる遺跡と言うものの中で、国内・海外合わせて、始めて感動して興味をもったところでした。それ以降、アジア全般、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米と訪れましたが、確かにアンコールワットよりも衝撃を受けた遺跡は個人的にはありませんでした。

アンコールワットにより遺跡にも興味が湧いてきたと言っても過言ではありません。と言うことは・・・ひょっとしたら中学生の時に行ったものの全く興味を持てなかった、京都などの日本の遺跡も今行ったらこんな風に感動するのかな、そう思います。ただ日本の遺跡は、実は老後の楽しみのために取ってあります。まだまだ体が動くうちに世界にある遺跡をみて周りたいと思います。



地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする