タイで出会ったナチュラルボーンストーカーの日本人1

Pocket

海外では色々な人との出会いがありました。特に私がバックパッカーをしていた今から20年近く前、海外で出会う人には奇抜な人が多かったと思います。そんな中、タイのバンコクで出会ったという男の子がいました。初めはパーソナルスペースの狭い、ちょっとがつがつ来るけどひょうきんな奴だと思っていました。

しかし初めに違和感を持ったのは彼からのメールでした。彼からのメールには句読点が一切ありませんでした。そして改行もありません。そのため文章が途切れることなく、改行されることなくつらつらと書かれたメールが送られてきました。おそらく誤字脱字のチェックもしてないようで非常に読みづらかったです。

まあこの時は、ああ変わったやつなんだなー、と思っただけでした。が、こいつはおかしい、と本格的に気づいたのはチェンマイでYと行動を共にした時のことでした。彼はタイに頻繁に訪れており、そしてバンコクはそこそこにすぐにチェンマイに向かっていました。

その理由を私はチェンマイに着いて彼と合流してから知りました。どうやらチェンマイに好きな女の子がいるようでした。そしてYがどうしても紹介したいからと私をチェンマイのナイトマーケットにあるお店に連れていきました。その店は、ナイトマーケットのフードコート近くにある土産物のお店でした。そこで働いている?経営している?女の子が、ユンピン、という中華系の綺麗系のタイ人の女の子でした。

店に着くとYは親し気にユンピンに話かけていました。そして私は彼女を紹介されました。Y曰くナイトマーケットを観光中たまたまユンピンと出会い、仲良くなったとのことでした。その後小一時間彼女の店で彼女と会話をしていました。

それからというものYと毎日のようにナイトマーケットのユンピンのもとに通っていました。Yがどうしてもと行きたがったので仕方がありませんでした。そして数日後バンコクより別の日本人の友人が来るのですが、またしてもYはその友人をユンピンに紹介するために連れていきました。さすがに連日ユンピンの店に通っていれば私も彼女と仲良くなります。彼女は日本語はできませんでしたが、幸いにも英語は堪能だったので会話は成立していました。

ちなみにこの話は、私がチェンマイで彼女ができる前の話だったのですが、このユンピンに私が、これからチェンマイに長く住んでタイマッサージの勉強をするんだ、と言うと彼女は、それならすぐに彼女ができる、と彼女に言われました。マジで!嘘だ!と言うと彼女は自信満々に、絶対1か月以内にできる!、と言ってくれました。社交辞令?お世辞?でも嬉しかったです。まあこれは後で実現するのですが。

そんなユンピンでしたが、彼氏はいない、とのことでした。その答えに気をよくしていたYは人目をはばからずがつがつアピールしていました。傍から見るとユンピンはかなり困っているのですが、人がいいのかきっぱりはっきりとは拒否できないようでした。

今はちょっと~、とか、~がまだだから、とか言ってやんわりと拒否しているのですが、それがYには伝わっておらず、もうひと押しと思えたのでしょう。傍からみると完全に線はないと思うのですがYは気づいておらず押し押しでした。

しかし、そんなYがお熱をあげるユンピンなのですが、ひょんなことから私はこの後そのユンピンと関係を持つことになってしまいます・・・