海外のお祭りに参加して異文化交流を促進しよう

Pocket

海外旅行する。海外に滞在する。そんな海外を楽しむに当たって決まったパートナーがいる人はいいです。でも一緒に行く人がいない涙、または一人旅じゃないと嫌、だと言う人もいます。しかし、一人旅をしているものの時には人恋しくなるなんて状況に陥ることもあります。

また一人旅をしているとどうしても結局観光地を巡った後することなくて終了~ということが多々あります。相手が外国人だろうが、言葉が喋れなかろうが、身振り手振りだけでコミュニケーションを取っていけるという稀有な人ならばいいのですがそうでないと観光するだけして後は部屋に引きこもるなんてことにもなりかねません。

そういう人のためにも海外でのイベントや祭りには思わぬ出会いがあったりするのでおすすめです。海外に行く目的の一つとしてイベントやお祭りを考えてみましょう。
旅行のガイドブックを見ながら観光するのもそれはそれで楽しいのですが、写真でみた光景をただ見るだけではつまらないと言う人。または観光客慣れして、ある種外国人観光客にすれている現地の人ではなく、リアルに生活する現地の人との出会いを求めている人には、イベントやお祭りを旅行の目的とするのがおすすめです。

↑※チーズ転がし祭り

現在では日本でもメジャーな観光地ではなく地方のローカルな観光地やお祭りをめがけて世界中から観光客が押し寄せてきています。日本テレビの人気バラエティ番組“世界の果てまでイッテQ”でもお祭り男として度々放送されていますが世界にも、何だそれ?と言ったお祭りがそこかしこで開催されていたりします。

そういう私も過去に、スペインで、牛追い祭り(実際は牛から逃げる祭り)トマト投げ祭りネパールとインドで、ホーリー(水かけ祭り)タイで、ソンクラーン(水かけ祭り)、ロイクラトーン(灯篭流し)ブラジルで、カルナバル、などに参加したことがあります。

あとは祭りじゃないけどパレスチナで、インティファーダ―(イスラエル軍への抗議デモ)などなど。これらの祭りやイベントに参加して地元の人と大騒ぎした経験は世界遺産を見るのと同等かもしくはそれ以上の素晴らしい記憶として刻まれています。

また今では海外で日本に関連するイベントが数多く催されています。それは既に我々の想像をはるかに超える内容と規模になっています。それらに逆に日本人である私たちが訪れてみるのも一興だと思います。そうすればまるで逆輸入のごとく日本の良さや凄さを再認識できるのではないかと思います。

またそのような日本のイベントに来ている各国現地の人が全て親日とは言いませんが、少なくとも日本の文化やソフトに興味のある人が来ている筈なので、国際交流もしやすいのではないかと思います。