ヨーロッパの参加するべき面白いお祭り 6月編

Pocket

ヨーロッパの面白いお祭り

オランダ

ゴーダのチーズ市 

ゴーダ


イギリス

グラストンベリー フェスティバル 

ヒルトン

グラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival)は、イングランド・ピルトンで1970年から行われている大規模野外ロック・フェスティバル。正式名称はGlastonbury Festival of Contemporary Performing Artsだが、一般的にはGlastonbury Festivalと簡略化されている。コンテンポラリーミュージックだけでなく、サーカスや演劇、ジャズ、ダンス、レゲエのサウンドシステムと、さらには映画上映までされている。現在行われている、世界最大規模のロック・フェスティバルである。2005年には、フェスティバルの会場は900エーカー(約3.6 km²)になり、385のライブが行われ15万人の観客が来場し、2007年には700を超えるライブが80を超えるステージで行われ18万人が来場した。 会場は広大な農場であるため、踏み荒らされた牧草の保護のために不定期ではあるが、およそ5、6年の間隔で休催年を設けている(近年は2006年度・2012年度の開催なし)。

引用:wikipedia

ショッツ ハイランド ゲームズ 

ショッツ

ハイランドのゲームはスコットランドや他の国々でスコットランドとスコットランドの高原のスコットランドとケルト文化を祝うための春と夏に開催されるイベントです。 このゲームのある種の側面は、バグパイプ、キルト、重いイベント、特にキャバートスなど、スコットランドの象徴となっているほどよく知られています。 配管やドラム、ダンス、スコットランドの陸上競技の競争に中心を置いている一方で、ゲームには、スコットランドとゲールの文化の他の側面に関連するエンターテインメントや展示品も含まれています。


フランス

音楽の日 

パリ

そして、みんなが唄い出す! 1982年に当時のジャック・ラング文化省が6月21日を音楽の日と定めて以来、毎年6月21日は、フランス全土が、音楽の日のリズムに乗ってスウィングします。 フランス中の通りや広場や公園や中庭や博物館やお城やバーやホールで、夏が始まるこの日をたくさんのコンサートで祝うのです。ジャズ、ソウル、ファンク、ロック、レゲー、ポップ、クラシックなど、あらゆるジャンルの音楽が、この特別の日の主役です。アマチュアやプロの演奏家(オーケストラ、オペラ、合唱団など)たちが、音楽への情熱を無料で聴衆と分かち合います。”音楽の日を祝って、音楽を奏でよう“を合言葉に、四半世紀にわたる音楽の日の伝統は、今や国境を越えて広がっています。 今年も、音楽の日に、音楽で、夏の訪れを祝いましょう。

引用:フランス観光開発機構


イタリア

共和国建国記念日 

ローマ

大戦終結後の1946年6月2日に行なわれた共和制への移行を問う国民投票では、僅差で共和制移行が決定し、ウンベルト2世は廃位され、サヴォイア家による君主制は廃止され、現在のイタリア共和国が成立した。

引用:wikipedia

花祭り 

ジェンツァーノ


ポルトガル

聖アントニオ祭

リスボン

毎年6/12~6/13

アトランティック フェスティバル 

マデイラ

6月、活気と伝統が1つになって、マデイラ(Madeira)を魅力的で楽しい場所に変える。訪れた人々を印象的なコンサートやショーが迎える。 大西洋フェスティバル(Festival do Atlântico)は、6月を通して開催される文化・エンターテイメントイベントです。このイベントは以下の3つから構成されています。マデイラ音楽祭(Festival de Música da Madeira)、国際花火競技会(Concurso Internacional de Pirotecnia)、各種のストリートパフォーマンスです。 毎週土曜の夜には、コンサートが開催されます。これに花火が加わり、華やかな花火が音楽と一体となってハーモニーをかもし出し、喜びと色彩に満ちた瞬間を演出します。 6月一杯こうした一連の行事が続き、マデイラの首都は魅力的な楽しさあふれる場所に変わります。島を訪れる人々を、さまざまなコンサートやショーの楽しみが待っています。それがことさら印象深いのは、その芸術的、音楽的なレベルの高さもさることながら、そこにかもし出される魔法のような雰囲気のせいでもあるのでしょう。

引用:ポルトガル観光局


オランダ

オランダ フェスティバル 

アムステルダム

アムステルダムで毎年約1か月開催される芸術の祭典。


スウェーデン

スカンセン夏至祭り 

ストックホルム

Midsummer’s Eveは、スウェーデンで最も人気のある祭典であるクリスマスと一緒に開催されます。 ヨーロッパの他の地域と同じように、この祭りは村全体に関わる古代の農業儀式を中心に行われました。 他の村人たちは大きな焚き火をしましたが、これらの緯度では、一番明るい夜は火の周りを踊る正しい時ではありませんでした! だから焚き火は別の古代の夏の伝統に置き換えられました。 メイポールのそれ。 メイポールは古来の繁殖儀式の一部であると信じられており、ポールは母性を「含浸させる」ファルスである。 この儀式を適切に祝うことは、秋に良い収穫を与えるのに役立つことが期待されました。
引用:公式

ア・テイスト・オブ・ストックホルム 

ストックホルム


ノルウェー

バイキング フェスティバル 

コーペルヴィーク


デンマーク

ヴァイキングフェスティバル 

フレデリクスン


チェコ

プラハの春国際音楽祭 

プラハ

毎年春にチェコのプラハで開催されるクラシック、特に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭。ホスト役はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その他にも著名な音楽家やオーケストラが招かれる。

引用:wikipedia


スペイン

サンフアンの火祭り 

アリカンテ

毎年6/20~24

スペイン沿岸部バレンシア地方の港湾都市アリカンテで開催される火祭り。イエスに洗礼を授けた聖ヨハネ(サンフアン)の日は、夏至の時期の6月24日。その日に向けてさまざまな行事が行われる。火祭りの主役は、市民が布や紙、そして木材を組み合わせて作った風刺人形である。町中のいたるところに飾られコンテストが行われる。選ばれた数点を除いて、サンフアンの日の夜にかがり火で燃やす。開催時期は6月下旬。元々は、夏の到来を祝い、サンフアンの日の前夜祭を楽しんでいた風習であった。それを1928年に行事として制定した。火祭りはスペイン全土で行われるが、アリカンテの祭りが最も盛大である。

引用:コトバンク


クロアチア

古典の日 

プーラ


ドイツ

マイスター・トゥルンク歴史祭り 

ローテンブルク


ポーランド

モーツァルト・フェスティバル 

ワルシャワ


ケニア

マダラカデー 

ナイロビ

毎年6/1