海外移住日記第47話 4度目の正直でビザゲット

Pocket

4度目の正直。やっとイミグレ参勤から解放

海外移住日記第47話 サービスアパート管理人編

そして4回目のイミグレ。この時点ですでに2か月は無意味な時間を過ごしていました。しかしこの4回目はいつもとは少し違いました。何しろいつものタイ人スタッフとは別にその上司のタイ人スタッフが同行していたからでした。

そしてすわ4回目のイミグレへ。・・・結果またしてもダメでした。役人の言っていることは基本的にいつも一緒。書類が足りない!とそう言っていました。これは意訳にはなりますが、だーかーらー、何回も言っているだろ。この書類が足りないって!さすがに役人もキレていたのか心なしか言葉が乱暴でした。

しかし今回が違うのはその上司がいること。どうするんだろう?その上司のタイ人の顔を見ていると、え?は?みたいな顔をしていました。まるでそんな話今聞いた、みたいな感じでした。・・・ひょっとして上司に何も言っていなかったのかお前!?そしてその上司も部下の顔をまじまじと見つめていました。

しかし今日はいつもとは違いその上司が頑張ってくれました。というより申請書類が足りない時点で頑張りようもないと思うのですが、それが何とかなるのがタイランド。これも意訳になりますがその上司は、足りないのはその書類だけなんですよね?それじゃあその書類は明日持ってきます。それでそれ以外の書類は大丈夫なんですよね。足りない書類は明日持ってくるとして今日手続きだけはできませんか?と役人に無理やり頼み込んでいました。

つまり書類は足りないが申請だけは今日したいということの様でした。それはさすがに無理だろう・・・そう日本人的な感覚で思いましたが4回もやってきた我々を哀れに思ったのか?それともそんなアホな部下を持った上司に同情したのか?それは分かりませんが、なぜか手続きは進んでいったようでした。

ようでした、というのはそのやりとりを誰も私に説明してくれなかったので推測の域を出ないからでした。まあそれもそうだろうとは思います。4度もミスをして説明することなんてできないと思います。

しかし私が、手続きが進んでいるようだ!と感じたのは、Bビザ申請代の2,000BAHTを払っているのを見たからでした。またついでにあまりの緩慢さに切れそうになっていた、堪忍袋ではなく私の観光ビザの期限の延長代1,900BAHTもついでに払っているのを見たからでした。

そしてその上司が一言。明日足りない書類を持ってきますけど、この日本人は一緒じゃなくてもいいですよね?そう言っていました。この時このタイ人上司は仕事ができる。そう思いました。まあさすがに5回もイミグレに来させるのは悪いと思ったからなのだと思いますが、その配慮をしてくれました。ひょっとして最初からこの上司が担当していたら、2か月も無為な時間を過ごさずに済んだのではなかろうか。そう思えて仕方がありませんでした。

やっと終わった・・・そうして家路につくことができました。