海外移住日記第48話 何故かバンコクで研修スタート

Pocket

何故かバンコクで研修スタート

海外移住日記第48話 サービスアパート管理人編

ようやくBビザが発行されました。後はこれをワークパーミットに切り替えるだでした。そして同時進行で研修がスタートしました。それはバンコクでの1か月の研修でした。まずこの時点で、なぜバンコクで研修なんだ?と疑問に思いました。

宿泊先は勤め先のサービスアパートの1室が与えられました。久しぶりの湯船でした。どうせ電気代も水代も会社持ちなのだからと思い、毎日のようにバスタブにお湯を張り入ってやろうと思いました。

研修初日の感想は・・・めちゃめちゃ楽だ!この仕事!でした。することがありませんでした。もともと友人の紹介でこの仕事の面接を受けることになったのですが、その時に友人から聞いていた内容が、オフィスに座って時間を潰すだけの仕事、でした。

本当にそうだったらいいなー、とは思っていましたが、期待しすぎて現実が違ったらショックなので正直話半分で聞いていました。しかし現実は期待と限りなく同じでした。

仕事は要するにサービスアパートの管理人でした。住んでいる住人のクレーム対応や部屋の案内、契約締結業務でした。初日は簡単な流れを聞いただけだったのですが、簡単な業務内容でした。少なくとも鉄鋼会社の業務よりははるかにシンプルで楽そうでした。

また同じ不動産業務で言えば日本のブラック不動産会社でやっていた業務とは比べ物にならないくらい簡単な仕事でした。何より毎日法律や民法の辞書片手に仕事しなくてもよいだけ楽ちんでした。その代わりにタイ語の辞書が手放せなくはなってしまいましたが。

また客の案内なんて日本で1000回以上はやっています。しかもこんな綺麗な建物じゃなくて、問題あり物件やついこの間まで市場価値なしと烙印を押されていた訳あり物価などです。そんな不動産の案内経験がある私にとって新築の設備も充実している部屋の案内なんてこんな楽なことはありませんでした。

また客層も遥かに違いました。日本での訳アリ不動産を買おうとするお客は2種類しかいませんでした。転売目的で買いに来る一癖も二癖もある業者まがいの客。そしてもう一種類は資金があまりない、もしくは借金のある客。そんな厄介な客に比べると、バンコクのこの綺麗なサービスアパートに見学にくる客のなんて扱いやすいことか。契約から入居案内の手続きも日本でやっていた金融機関とのやりとりや契約書の読み聞かせ、重説(重要事項説明書)の読み聞かせに比べれば100倍くらい楽でした。

しかし、これは楽勝、なんて口に出したり態度に出したりすればどんな余計な仕事を押し付けられるかわかったもんじゃありません。あくまで私はここタイに楽な人生を送りにきたのだということを思い出しました。というわけで楽過ぎてあくびが出そうだなんて態度は一切見せず、首を垂れて殊勝に先輩社員の話に聞き入っていることにしました。