タイで童心に還って、また明日遊ぼうねー!と叫ぶ。

Pocket

ある日気が付きました。一日が終わって家路に着く時。今日も疲れたな・・・明日なんて来なければいいのにな・・・、そんな風に毎日思っていることに。それは当時ブラック企業で働いていた時のこと。今から思えばかなり病んでいたのだと思うのですが、明日が来るのが楽しみ!なんて思うことはありませんでした。

当たり前の話かもしれませんが昔は違っていました。子供の頃は、学校や近所の友達と日が暮れるまで遊んで、じゃあまた明日遊ぼうねー!、そう言って家に帰っていた気がします。そして、今日も楽しかった、明日も楽しみだなー、そう思って暮らしていた筈なのに。

大人になるに従ってそうではなくなるのは当然のことなのでしょうか?そう思ってはいけないのか?ブラック企業で働いていたので尚更なのかもしれませんが、でもホワイト企業で働いていたって根本的に大人になればそんな子供みたいなことは言っていけない、そんな風潮があります。

でもだからこそ、昔はよかったなー、とか在りし日を懐かしんだりします。ずっと子供のままでいたい、子供の頃に戻りたい、子供の頃に戻ってまた毎日面白おかしくいきたい、と。そんなことは無理だと分かっていながらも求めたりする人が何と多いことか。

しかしそんな誰しもが思う根源的な欲望を一時的ではあるが私は大人になってから叶えたことがあります。それはタイのバンコク、カオサンに沈没していたころの話。今から20年近く前。今の様に完全に観光地化する前の話。

当時カオサンには世界中から安宿を求めてバックパッカーが集まってきていました。当然のように日本人パッカーもたくさんいました。そして私もその一人でした。宿が密集しているため、必然的に仲良くなりやすい環境が整っていました。同じ宿に泊まっていたり、近所の食堂で話しかけたりかけられたり、宿の下のフリースペースなど、仲良くなる場所はどこにでもありました。

海外で知り合って仲良くなる、当時はまだまだ甘美な言葉でした。そんな異国の地で仲良くなった同世代の日本人とそれこそ毎日のように遊びまわっていました。文字通り朝から晩まで。そして明け方になり遊び疲れて思い思い、自分たちの宿に帰るまさにその時。

じゃあまた明日ねー。また遊ぼうねー。自然とそう言っていました。すると相手からも、うん。また明日ーっ!との返事が。もうお互い20歳も過ぎ、まとも?な同年齢の友人はまっとうに働いているド平日の明け方。まるで小学生の頃の友達との去り際の台詞のような場面でした。

その時の私にとってはそのバンコクでの日常が当たり前だったので何も感じません(多少の背徳感はありました)でした。しかし今となって思えば人間誰しもが思い願う、子供の頃に還るというタイムスリップ的な毎日を送っていたのだなーと思います。

そんなことを先日パタヤの友人に、遊びに誘われたのがきっかけで思い出しました。と言うのもその友人の誘い方がまるでサザエさんの中島の如く、おーい磯野!野球しようぜ!的な言い方だったことも一因となっています。



だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人 [ 水谷 竹秀 ]