海外移住日記第50話 入社すぐにワンオペ開始

Pocket

研修を始めて気づいた違和感その2

海外移住日記第50話 サービスアパート管理人編

会社で研修を始めて気づいた違和感。それは日本人とタイ人スタッフの微妙な関係性でした。もちろん私たち日本人はタイで住まわせてもらって、働かせてもらっている立場です。そんなことは重々承知しています。だから別に待遇自体に不満があるわけではありませんでした。

上司がタイ人だろうが何人だろうがそれは特に何も思いません。しかしそうじゃなくて、会社のシステムとしてちょっとこの会社はおかしいことに気がつくことがありました。

まずこの会社、というかサービスアパート兼ホテルの顧客の99.9%は日本人です。いわゆる日本人専用のサービスアパートでありホテルでした。そして客室は全館合わせて1000室を超えます。なのにも関わらず働いている日本人は7人+役員2人だけでした・・・いやいやこれ絶対的に数が足りないだろう!

それでは日本語を理解できるタイ人がいるのかと思いきや、1人だけでした。この日本語が理解できるタイ人は私たち日本人スタッフの上司に当たったのですが、結果このタイ人女性が休暇を取ると全く仕事が進まなくなるという、システム上の重大な欠陥がありました。

かつ家賃設定もタイではかなりハイレベルな設定をしていました。おそらくタイでも最高級の部類に入る価格設定でした。確かに内装やサービスは日本人の趣味嗜好をかなり研究しているので良いのですが、しかし一方日本人顧客への対応、つまり日本語対応の点を言うと軽視しているとしか思えませんでした。

もしも、たった7人しかいない実働で働く日本人スタッフが辞めてしまうと会社は即回らなくなります。少なくとも全館でクレームの嵐になることは目に見えている。何故かと言うと、日本人スタッフ常駐、日本にいるかのような生活ができる、というふれこみ・キャッチセールスで客を入れていたからでした。

お客からすれば、日本人、または日本語を使えるスタッフが常駐し、かつ宿泊客が日本人のみというのを聞いてこのホテル・サービスアパートを選んだのに関わらず何だこの薄いサービスは!ということになりかねます。

この状態、一人でも長期離脱しようものなら一気に崩れるぞ。というのが私がすぐに抱いた印象であり、と言うか私の研修中にまさにそんなことがいきなりありました。そして当時まだ研修中で何も分からない状態で3週間にわたり一つの館を管理させられることになるとはさすがに夢にも思いませんでした。