海外移住日記第5話 不動産会社なのに探偵の真似事

Pocket

まさか探偵の真似事をすることになるとは

海外移住日記第5話 ブラック企業編

話は少しさかのぼって、出社初日。課長による業務内容に関する役に立たないオリエンテーションが終わったところで続いて社長から一人の男の人が紹介がされました。実は、この紹介された男の人というのが、元刑事で現役の探偵でした。

私が転職した会社は宅地建物取引業協会という不動産の協会だけでなく日本調査業協会なる探偵の協会にも所属しているとのことでした。これは後日聞いた話なのですが、実は、私たちが入社する前、社長も課長もマンションの調査中に管理人に見つかったことがあるらしいのです。

ちなみに社長はその時、電力会社のメーターチェックです、と言って逃げてきたらしいのですが、課長の方は喧嘩早い人だったので管理人と喧嘩になり警察に通報される寸前までいったそうです。

それから一戸建てなりマンションなり物件調査をする時に誰かに見つかっても大丈夫な言い訳はないか?と考えついた結果が日本調査業協会加盟ならびに加盟員であることを示す身分証明書を保持することだったのです。これがあれば立ち入り禁止のマンションにも入り放題だぜと。

社長は、マンション調査中に管理人や近隣の人に見つかり注意されたら会社の社員証ではなく、この調査業協会の身分証明書を見せろ、と言いました。これを見せて、調査中であり依頼者への守秘義務があるから話せません、と言えと。それで押し通して何とかして帰って来いと。それで大丈夫や、と。

・・・おいおいマジかよ、と思いながらも現役探偵の話は続いていきました。探偵のおじさんからは調査におけるノウハウや気構えを一通り教えてもらいました。しかし正直うわの空で心ここにあらずで、あまり内容は覚えておらず、それより内心では一体私たちはこれから何をやらされるのか、という不安な思いとそれとは逆にちょっと楽しそうかも、というワクワクした気持ちとがごちゃまぜになった不思議な気持ちがしていました。

今思い返すとそう思った考えは完全に間違いであるのですが。ちなみに後にこの探偵には、所在の分からなくなっている物件の所有者の身元特定の調査をしてもらうことにもなります。

その後昼休憩時に同時入社となった二人と話をしていましたが二人ともまさか探偵業務までやらされることになるとは夢にも思わなかった、と私同様驚いていました。ちなみに二人は内、一人が45歳でもう一人が32歳でした。二人とも私同様元不動産会社の経験者でした。

そして後にこの内の一人が警察に捕まることになります。ですが、それはまた後の話。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする