ヨーロッパの参加するべき面白いお祭り 7月編

Pocket

全英ウィンブルドン テニス選手権

イギリス、ウィンブルドン

2017年7月3日~16日

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語:The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。

引用:wikipedia


ツール・ド・フランス

フランス、パリ

2017年7月1日~7月23日

ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(仏: Le Tour de France、以下「ツール」)とは毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車プロロードレースである。1903年から開催されている。主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。名称はフランス語で「フランス一周」を意味する[1]。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。

引用:WIKIPEDIA

革命記念日

フランス、パリ

毎年7/14

フランスで行われる革命記念日の祝賀行事。各地でダンスパーティーや花火大会などさまざまなイベントが催されるが、首都パリの祭りが最も盛大である。大統領のスピーチ、国歌演奏、空軍のアクロバット飛行、シャンゼリゼ通りを行進する軍事パレード、エリゼ宮殿の茶会、夜の花火大会などが行われる。革命記念日は7月14日。1789年7月14日に市民がバスチーユ牢獄を攻撃して国事犯を解放し、絶対王制から共和制へのターニングポイントとなった。◇日本では「パリ祭」とも呼ぶ。

引用:コトバンク


コペンハーゲン ジャズフェスティバル

デンマーク、コペンハーゲン

2017年7月7日~16日


イェルス バイキング野外劇

デンマーク、イェルス


タンペレ フローラル フェスティバル

フィンランド、タンペレ

2017年6月13日~7月29日


ラブスカ フィェーラ

クロアチア、ラブ島

毎年7/25~27


歴史子供祭り

(PHOTO/公式)

ドイツ、ディンケルスビュール

2017年7月14日~23日

Kinderzecheはディンケルスビュールの旧帝国都市で歴史的な子供と民俗祭りです。前の学校祭の起源は、子どもや若者いるの高い参加につながっているものを学校のパーティー出てから開発シュヴァーベン都市とKinderzeche以来年間1500周りシュヴァーベン王国サークルの都市のラテン語学校の創立で、おそらくでした今町を通して歴史祭りやパレード人口の集合意識の不可欠な部分。三十年戦争の間、都市と略奪を破壊からスウェーデンの侵略者を説得:すべての世代のDinkelsbühler市民は乳母(Kinderlore)は、すべての評議員をしなかった子どもたちのグループでできることを、歴史的な空白の歴史を祝います。イベントや会議単なるお祭りを超え、移動アウト(例。街の前に「スウェーデンキャンプ」として)、17世紀からの服に誘致し、移動のために関係者のためにますます重要になってきている。

引用:WIKIPEDIA


サン フェルミン祭

スペイン、パンプローナ

2017年7月6日~14日

サン・フェルミン祭(スペイン語: Fiesta de San Fermín, バスク語 : Iruñeko Sanferminak)は、スペイン・ナバーラ州の州都パンプローナで7月に開催される祭礼。バレンシアの火祭り(3月中旬)、セビリアの春祭り(主に4月後半)と並び、スペイン3大祭りのひとつに数えられる[3]。アーネスト・ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』(1926年)で英語圏の人々に知られるようになり[4]、世界的にもっとも有名なスペインの祭礼のひとつである。毎年約100万人の観光客を集める。祭礼の起源は12世紀初頭に遡る。エンシエロ(牛追い)が有名で、牛追い祭りの別名で知られる。

引用:WIKIPEDIA