北中南米の参加するべき面白いお祭り 7月編

Pocket

北中南米の面白いお祭り

独立記念日

アメリカ、ニューヨーク

毎年7/4

独立記念日

アルゼンチン、ブエノスアイレス

毎年7/9

独立記念日

バハマ、ナッソー

毎年7/10

独立記念日

ペルー、リマ

毎年7/28


ケベック シティ サマー フェスティバル

(PHOTO/公式)

カナダ、ケベック

2017年7月6日から16日

11日間にわたり400ものショーが行われ、170万人の観客客が訪れる北米最大規模のポピュラーミュージックの祭典。

カルガリー・スタンピード

(PHOTO/公式)

カナダ、カルガリー

2017年7月7日~16日

カルガリー・スタンピード(Calgary Stampede)は毎年7月上旬の10日間、カナダ・アルバータ州カルガリーで開催されるロデオのイベントである。通称『地上最大のアウトドアショー』[3]。ロデオのほかにコンサートやパレードなどが行われている。

引用:WIKIPEDIA


ウクレレ フェスティバル

(PHOTO/公式)

ハワイ、ホノルル

2017年7月14日

今日、ウクレレフェスティバルはワイキキのカピオラニ公園音楽堂で毎年開催されるハワイの夏を代表する伝統イベントに成長しています。国際的認知度を持つ音楽祭としても定着し、世界最大のウクレレの祭典には、参加者、ゲスト、オーディエンスが世界各地から数千人規模で集います。フェスティバルの華でもあるウクレレオーケストラは、小さな子供たちをはじめとする800人を超えるウクレレスクールの生徒が出演、オーディエンスを魅了しています。

引用:公式


ゲラゲッツア祭

メキシコ、オアハカ

2017年7月17日~24日

メキシコのオアハカ州で催されるフェスティバル。州内の各地から選ばれた人々が、華やかな民族衣装を身にまとって伝統舞踊を披露する。元は主食のトウモロコシの豊作を祈願する祭りである。「ゲラゲッツァ」は「互いに助け合う」という意味で、持ち寄った各地の特産品を客席に投げ入れる。開催時期は7月下旬。

引用:コトバンク


解放記念日

グアム、ハガニア

毎年7/21

毎年、解放記念パレードが開催されます。リベレーション・クィーンが選ばれ、各村を代表するカラフルな祭車が行進。パレード沿いの通りには食べ物、ドリンクの出店や家族でバーベキューする姿が見られます。夜には花火が開催される予定です。グアムで一番盛り上がる日で前後一か月カーニバルが行われる。

引用:グアム政府観光局


ボリバル生誕記念日

ベネズエラ、カラカス

毎年7/24

ベネズエラの祝日。7月24日。南米諸国の独立に尽力したシモン・ボリバル(1783年生まれ)の功績を称える。

引用:コトバンク


モーストリー モーツァルト フェスティバル

アメリカ、ニューヨーク

2017年7月25日~8月20日

モストリー・モーツァルト・フェスティバルは、ニューヨーク市のリンカーン・センターで開催されている、一連のコンサートからなる夏の音楽祭である。現在の芸術監督はジェーン・モス、音楽監督はルイ・ラングレ 。 2006年に40周年を迎え、また同年はモーツァルトの生誕250周年を祝う開催となった。

引用:WIKIPEDIA


プエルトプラタ メレンゲ フェスティバル

ドミニカ共和国、プエルトプラタ

ヘイバ イ タヒチ

タヒチ、パペーテ

ヘイバ・イ・タヒチ(Heiva I TAHITI、ヘイヴァ・イ・タヒチとも表記される)は、毎年7月にタヒチ島で開催されるポリネシア最大の祭りである。それは単なるコンペティションというものではなく、全てのポリネシアンにとってとても重要な祭典である。スポーツ選手、職人、ミュージシャン、雄弁家、演者、歌い手、ダンサーだけでなく作家、振付師、衣装担当、技術士、警備員、事務員まで、全ての関係者がこの数か月間このヘイバに関わり、人々を魅了する。

引用:WIKIPEDIA


インターナショナル レゲエ デイ フェスティバル

ジャマイカ、キングストン