パタヤで気づいたらロシア人をナンパしていた話

Pocket

シラチャに住んでいた時のこと。シラチャにはあまり西洋人がいませんでした。少なくともバンコクやパタヤほどにはいませんでした。しかしお近くのパタヤには西洋人が一杯います。そしてパタヤには日本でもバンコクでもなかなかお目にかかれないほどびっくりするくらい綺麗な西洋人を見かけることがあります。

あれはパタヤのビーチロードを歩いていた時の事。目の前から褐色に肌を焼いたスタイル抜群な綺麗な西洋人が歩いてきました。ロシア人かしら?思わず、めっちゃ綺麗!と口に出してしまいました。すると私の言葉に反応したのか、何?と向こうから話しかけられてしまいました。

リアクションされてしまった手前、ジャパニーズ苦笑いで誤魔化すのもなんだなと思い、貴方があまりに美人だから日本語でめっちゃ綺麗と言っただけです、と正直に話しました。パタヤの海辺がそうさせたのか恥ずかしげもなくそんなことを言ってしまいました。しかし、よくよく考えたらこれはナンパだと思われるな、と思ったので、いや違うんですこれはナンパじゃないんです、と慌てて否定しました。

彼女は一瞬びっくりしたようでしたが、私の慌てぶりが面白かったのか笑顔でした。とりあえず気分を害したようには見えなかったのでほっと一安心しました。それから、パタヤがそうさせるのか、普段シラチャで見る女性とは毛色の違う女性との出会いがそうさせたのか、二の次の言葉が出てきました。

えーと今一人ですか?

>そうだけど

あー、良かったらお食事でもどうですか。ああっ!食事がダメならお茶でもいいんd・・・

>OK!

ん?マジで!

そんな感じで成り行き任せではありますが、人生で初めての西洋人へのナンパは成功したようでした。そしてそのまま近くの海岸通りにあるこ洒落たカフェに入ることになりました。どうやらというかおそらくそうなんだろうな、と思ってはいましたが彼女はロシア人でした。

感覚的には日本の人気バラエティ”YOUは何しに日本へ?”で綺麗な女の人が出てくるとバナナマンの二人が”あれロシア人?”と言っているのと同じかもしれません。彼女もあまりにスタイルがいいので、思わず、あなたはモデル?ひょっとしてスーパースター?そう尋ねていました。すると彼女は、違う、と。ただの観光だときているだけ、でもありがとうと笑ながら言いました。

ただの私の勘違いだったのですが、それが思わぬ語りで功を奏して好印象となったようでした。そのおかげでその後彼女と良い雰囲気になりトントン拍子に彼女のホテルで甘いひと時・・・とは行きませんでした。

その後は普通に会話をして小一時間同じ時間を過ごしてお別れとなりました。最後に連絡先を、と思ったのですがLINEはやっていないということだったので、携帯の番号を聞くだけで終わりました。が、どこか満ち足りた気分で家路に着くことはできました。