海外移住日記第54話 バンコク研修の不満。温かいご飯が食べたい

Pocket

続バンコク研修の不満と愚痴

海外移住日記第54話 サービスアパート管理人編

バンコク研修の不満は何と言っても当初聞いていた研修が1か月から2か月に伸びたことでした。話が違う!と憤ってみても、まあまあとなだめすかされます。そして、家賃はかからないからいいじゃない、と。

いやいや確かにバンコクでの滞在の費用は掛かっていません。しかし、シラチャにあるコンドミニアムは解約したわけでもありません。そっちの家賃は住んでないけど払い続けています。しかも人の住んでいない部屋はすぐに荒れます。また防犯上の問題もあります。加えて家賃を払わないといけません。タイのアパートの多くが銀行振込や自動引き落としなんてしてくれませんので、基本的に手渡しになります(高級なところはやってくると思いますが)。

また荷物の問題もありました。1か月と聞いていたためそれ用の荷物しか持ってきていません。2か月となると圧倒的に荷物が足りません。それをこっちで買えと言うのか?

さらに研修用に用意された部屋も部屋で問題ありでした。バンコクの研修先は5つあったのですが、そのうちの一つ。もっとも不便なところにある館の一室が私の仮住まいとなりました。そこは車を持っている、また運転手がいる人には良いのかもしれませんが、その両方とも持っていない私にとっては陸の孤島でした。

あるのはフジスーパー一択のみでした。タイに詳しい人ならば知っているかもしれませんが、フジスーパーとはタイで展開する日本食専門スーパーです。と言っても置いてある総菜や食品にも限界があります。

近くにレストランや食堂もほぼなし(高くて微妙なラーメン屋はあり)。なぜかフカヒレ専門店はありました。そのため食事と言えば研修終わりにいつもフジスーパーに行って出来合いのお惣菜を購入して部屋で食べるというなんともわびしいものでした。

とにかく温かいご飯が食べたい。正直発狂しそうでした。そもそも何でシラチャで働くのにバンコクで研修しなくてはいけないのだ。絶対意味がない!と一人いらついていました。そしてその後研修が終わりシラチャに戻って現場に立ってみると、改めて私の考えが正しいことが実証されました。

そうバンコクでの研修は全く役に立ちませんでした。つまりこの7週間は全くの無駄な時間を浪費したことになります。まあ、何でも言いますが事実椅子に座ってパソコン触っているだけで安いながらも給料がもらえていたので良かったは良かったのですが。