海外移住日記第55話 20年かかってバンコク卒業

Pocket

20年かかってバンコク卒業。

海外移住日記第55話 サービスアパート管理人編

バンコクでの7週間の研修の間、むかつくこともありましたが当然ながら楽しいこともありました。そんな中一番の楽しみは何といってもバンコクの夜をエンジョイすることでした。そういえばここ最近はシラチャと日本だけの生活だけだったので、バンコクに滞在するのはおよそ1年ぶりでした。

そしてよくよく考えてみればバンコクは世界屈指の歓楽街を有する魅惑の都市。この機会を逃さない手はない。ということで夜は夜で久々のバンコクで夜の研修を頑張っていました。まあ、その結果研修中の給料はすべて消えて行ってしまったのですが。

その際、楽天カードのクレジットキャッシングができないという(記事参照)というミスと言うかトラブルが起き、お金が底をつきかけピンチになりかけました。しかし、何とか解決しバンコクの夜を楽しむことができました。しかしそんな思い出の場所に再び舞い戻り青春をプレイバックしていましたが、やはり昔とは雰囲気が違いました。

過去の青春時代は色鮮やかに映るもの。しかし街に繰り出せば繰り出すほど感じる違和感。あれ?バンコクってこんな感じだったっけ?もうちょっとはっちゃけていたような思い出があるけど・・・そうバンコクのまるで毎日が文化祭の後の後夜祭みたいな雰囲気が好きだったのに。

過去の楽しい記憶と現実とのギャップに戸惑いました。しかしそれに拍車をかけたのが、バンコクの健全化計画、でした。観光大国となった表れか、それとも発展してきた自信なのか、それまでバンコクを訪れる観光客を魅了した路上の屋台をどんどん排除する動きが強まっていきました。

色々な思い出のあるスクンピッドの屋台や路上バーが一掃されて、どんどん無くなっていってしまう・・・かつて今から20年近く前のこと。当時沈没していたカオサンのゲストハウスからスクンピッドの盛り場まで毎日のように出張っていったこと。そしてスクンピッドのナナからアソークまでを、ナイトパトロール、と称して夜回り先生のように何往復もしたことは今でも良い思い出として残っています。

またゴーゴーなど騒がしいところと比べて静かに飲めるという理由でスクンピッドにある路上バーが大好きでした。路上バーで、私たち同様ナイトパトロールをする各国の旅人をお酒を飲みながらのんびりと眺めるのが風情があって好きでした。

時代は変わっていくな。バンコクも変わった・・・でも俺は変わってないな・・・何をやっているのだ俺は。そうむなしくなってきました。そして、俺もそろそろバンコクは卒業しないとな。シラチャに帰ろう。そう独り言ちました。