[パリ 6日 ロイター] – パリ中心部のノートルダム大聖堂付近で6日、ハンマーを持った男が警官に襲いかかり、警官が負傷した。その後別の警官らが男に向かって発砲し、男も負傷した。検察当局はテロの可能性も視野に捜査を開始した。コロン内相は、男がアルジェリアの学生証を携行し、犯行時に「シリアのためだ」と叫んでいたと明らかにした。また初期段階の捜査では単独での犯行とみられるとした。大聖堂はパリ有数の観光名所で、事件当時も多くの観光客が訪れていた。パリ教区の広報担当者はBFMテレビに対し、警察が現場周辺を警備するなか、のべ900人が大聖堂内に閉じ込められたと述べた。