コメダの牙城を崩せるか。アメリカからの刺客。

Pocket

モーニング王国に黒船襲来 NY人気店、コメダ脅かすか

「ニューヨークの朝食の女王」。そう形容される米国発のレストラン「サラベス」が4月、名古屋に進出した。1981年創業。朝食を求める人の列はマンハッタンの風物詩だ。店の幹部は「名古屋でモーニングといえばコメダ珈琲(コーヒー)店。でも、サラベスは雰囲気で勝負する」。JR名古屋駅前「タカシマヤ ゲートタワーモール」に入る新店も行列が目立つ。6月下旬の朝、友人と訪れた愛知県刈谷市の会社員清水由紀子さん(31)が頼んだのは「フラッフィーフレンチトースト」(1250円)。マフィンに半熟卵、自家製ソース、パプリカなどを添えた名物「クラシックエッグベネディクト」(1450円)も取り分けて食べた。3人で計5600円。清水さんは納得の表情だった。「フレンチトーストがふわふわで、口の中ですぐに消える感じだった。甘過ぎず、いくらでも食べられそう」1日の平均来店客数は650人、客単価は1600円。東京、大阪の既存店と遜色ない数字で、名古屋の「モーニング文化」に一石を投じる存在になった。総務省によると、名古屋市民が支払う喫茶代は、2014年からの3年間でみると1世帯(2人以上)あたり年平均1万2945円。都道府県庁所在地と政令指定都市の中では、岐阜市に次いで2位だ。とりわけ、集客を意識したサービスとされるモーニングはなじみが深い。数百円で飲み物にトースト、ゆで卵がつく――。そんな文化を広めたのはコメダと言われる。国内外に計750店以上あり、出店ペースは年間70~80店。攻勢を続けるが、実は同業者も猛追している。

引用:朝日

コメダ(記事参照)危うしか・・・一瞬そう思いましたが、コメダにとって代わる、そんなことはないような気がします。というのも上記の店のようなオシャレなところを好む若い子、よくよく考えたらコメダにいません。

今やコメダは地元のおばちゃんやおばあちゃん達の社交場。最初こそ目新しさもあってこれらの店に足を向けることもあるかもしれませんが、うーん。やっぱコメダの方がええわ、とか言いながら戻ること請け合いです。

地場のものを好む。これ名古屋人の特有の性質です。名古屋の人は名古屋から離れず、名古屋に住み、名古屋で買い、名古屋で食べ、そして名古屋で死ぬ。極左で悪名高い中日新聞がいまだに支持されて世界的に見ても以上に発行部数が高い(記事参照)のも、地場のものだから、という理由が強いのだと思います。だから名古屋は民主(現民進)王国なんて言われているのかもしれません。何とかせねば。

しかしそんなことよりフレンチトーストが1250円。高っ!コンビニで100円の食べろ。名古屋で黄色い看板でおなじみの各台湾料理屋ならランチで炒飯や麻婆飯のご飯ものから好きなもの一品とラーメンや台湾ラーメンなど麵ものから一品、選んで700円くらいだぞ。寿がきやならラーメン300円矢場とん味噌カツ食べれるわ。山本屋味噌煮込み食べれるわ。そんな名古屋でフレンチトースト1250円とは・・・。

“3人で計5600円。納得の表情“・・・それ名古屋で居酒屋行った時の会計や。おじさんには理解しかねます。・・・こう思う私も名古屋的思考にどっぷりつかっているのかもしれませんが。

まあ、もっと正直に言ってしまえば、どうせ行くことなんてないので、どっちでもいい、というのが本音なのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする