海外移住日記第57話 日本のサービス業界は神

Pocket

タイの高級アパートのサービスは日本のコンビニクラス?

海外移住日記第57話 サービスアパート管理人編

シラチャでのサービスアパートでの仕事はある意味思っていたとおりの仕事でした。ただ一つ違っていたことと言えば、何といっても日本人とタイ人の仕事観の違いでした。というと大げさに聞こえるかもしれませんが、実はそれこそが大きな壁となりました。

私が勤めていたサービスアパートは、タイで最高級クラスのサービスアパートでした。しかし、従業員の質はなかなかに低いものでした。というのも、フロントが勝手にスマホから音楽を流す、ラインをする、オフィスでも好き勝手に音楽を流す、仕事中にコンビニに行く、大声で話す・笑う、などなど枚挙に暇がありませんでした。

およそ日本の会社のオフィスでは考えられないような現場でした。また日本では高級ホテルでなくそこらのビジネスホテルでさえフロントは丁寧な対応します。しかしタイでも最高級に位置する私が働いているところでもそんな感じかと思い、これは日本のコンビニ以下かもしれないなとも思いました。

しかし別に、それを直そう、だとか、矯正しよう、だとかいう考えは特にありませんでした。いくらそこが日本人専用、日本と同様のサービスを謳っていても、しょせん我々は異邦人。タイに住まわせてもらっている身。郷に入っては郷に従え、これがタイの常識ならば私の持つ日本の感覚は非常識になるわけです。

そもそも根本的に私には企業精神みたいな、会社のために、みたいな感覚が欠如しているのかもしれません。とりあえず自分に火の粉が降りかからない限り、そんなタイ人の行動を全て見過ごそうと思いました。どちらにしても私には彼らタイ人を指示する立場にありませんでした。そういう意味では日本人客から彼らの態度やマナーにクレームが来ても、私は彼らの上司じゃないので何とも・・・とかなんとか言っていました。

ちなみにバンコクでは、そんなタイ人の良く言えば自由な、悪く言えばだらだらした姿勢を何とか矯正しようと頑張っている人がいましたが、見事にタイ人スタッフに嫌われていました。怖い、と。怖いじゃねーよ、と思いましたが、こちらに害が及ぶのを避けたい私としては、へらへらするという最終手段を取って聞いていました。

まあその人はその人でかなり問題がある人で、タイ人同様日本人スタッフからも嫌われている人だったので、彼の側に立ってフォローする気には全くありませんでしたが。そんな感じで私のシラチャでの仕事は始まりました。