海外移住日記第58話 タイの福利厚生は意外と厚い

Pocket

意外に厚いタイの福利厚生。これは日本も見習ってほしい。

海外移住日記第58話 サービスアパート管理人編

シラチャでのサービスアパートの業務内容は、簡単に言うと日本人居住者のクレーム処理とタイ人スタッフのミスのフォローが主な仕事でした。一応、セールス、と肩書があるので仕方がないことなのですが、日本で働いていた時同様自分の責任ではないことで人に頭を下げるのはやはり気持ちのよいものではありませんでした。

しかし日本で働いていた私からすると、なんでそんなミスをするのだ?ということをタイ人スタッフは毎日のようにしていました。・・・しかしそんなことを一々いらついて怒っていても仕方がないので極力自分に被害が回ってこない限りは笑って見過ごすことにしました。

と言うのもこの仕事を選んだのは、ストレスなく働くことが主な理由でした。ここの会社に自分の人生を全て託すわけでもなし。頭から全く当てにはしていませんでした。極論ここでの稼ぎで生活費が出ればいいな、くらいに思っていました。あとは自分で稼ぐわと。

とりあえず正社員として働いているので、タイの社会保障は受けられます。と言っても初めはソムデット病院というタイの国立病院でした。ここはサミティベート病院パヤタイ病院と言った日本人通訳のいる病院ではないのでかなり苦労することになり後に変えてもらうことになります。

しかしタイの福利厚生には上記の無料で病院に行ける社会保障カードとは別に上限が決まっている保険のカードもありました。そちらのカードを使えば上限こそありますが、日本人通訳がいる病院に行くこともできます。

またタイにはあって日本にはない制度として、シックリーブ、という制度があります。これはタイでは病欠の場合、年30日間は給料が引かれることなく休むことができる制度になります。剛の者は、シックリーブと有給を合わせて長期の休みを取るものもいるほどです。

またタイで働いていれば当然タイの銀行口座や証券口座も合法的に作ることができます。日本のようにほぼ金利が付かないものに比べればタイの銀行は1%前後の金利が付くので変に慣れない投資をするより安心です。

そんなわけで例え給料が安くとも、合法的にタイに入れて、社会保障もついており、ストレスが他の職種に比べて過度でなく、総合的に判断して今の状況に満足し、納得して働いていました。


はじめてのアジア海外就職