海外移住日記第60話 狭い世界の心地よさ

Pocket

半径500mの世界での穏やかな日々

海外移住日記第60話 サービスアパート管理人編

シラチャでの生活は穏やかな、それはまるでリタイア生活のようなものでした。就業時間は朝の7時から夕方の4時。休みは週1日しかなく、ソンクランやロイクラトン、年末年始などの祝日も休みではありませんでした。しかし、その代わりに年間祝日14日分と有給6日合わせて計20日を自由に休みを取ることができました。

私はこのサービスアパートで働いていた当初、この週1の休みと年20日間の休みを使って、つまり元々の週1の休みに5日の代休を使い、6日間で日本に帰国を年2回。また同じく6日間の休みを2回、近隣の海外(台湾、フィリピン、ベトナムなど)に行って過ごしていました。

また就業時間は朝7時から夕方4時までと朝が少し早かったのですが、自分の住んでいたコンドミニアムが就業場所から徒歩10分ほどの距離にあったので、起きる時間は6時過ぎと過去に鉄鋼会社で働いていたころと大して変わりませんでした。むしろ終業時間が夕方4時と早かったので、仕事終わりにパタヤまで足を延ばして日帰りで遊びに行くなんてことも当時からしていました。

ちなみに私が働いていたサービスアパートでは朝食サービスをしていたのですが、仕事柄朝食のチェックをしなくてはならず、気づけば朝は和定食のブッフェ、昼は近くのタイ食堂、夜は自炊もしくは外食と、健康的に一日3食食べる生活になっていました。

シラチャは、過去の記事参照でも書いたのですが、主要な必要不可欠な場所には全て徒歩圏内にあり歩いて行ける箱庭シティーになります。そしてその生活圏内に職場まで入ってしまっていました。

この感覚何かに似ている。そう思っていたのですが分かりました。荷物を片づけられない部屋の主が、手を伸ばせば本もリモコンも布団も何でも手を伸ばすところにあるから便利だ、と言っているのに似ていることに気が付きました。

職場まで徒歩圏内にあることにより、この足をちょっと伸ばせば、ちょっと歩けば、すべてがあるという便利さ。その麻薬にどっぷり中毒になってしまっていました。人間は全てが自由だと逆に不自由になります。シラチャの様にあらかじめ選択肢が決められている、その中での自由を満喫していました。


【クーポンで350円OFF】W130cm セミダブルより大きい! ローソファー ローソファ ソファ ソファー フロアソファ フロアソファー 2人掛け 3人掛け 2人掛け ソファ ベッド リクライニング sofa 【リーフ】【KIC】【ドリス】