海外移住日記第61話 パタヤへの道が開かれる

Pocket

居心地の良い狭さが仇となりパタヤへの道が開く

海外移住日記第61話 サービスアパート管理人編

シラチャは小さい町。それは知っていまし。しかし、サービスアパートの管理人をするようになって色々と不都合なことが出てきました。それは何といってもサービスアパートの住人と町で出会わすということ。

これがバンコクやパタヤであれば、ムスカ大佐風に言えば、”人間がごみのようにいる”のでめったに出くわすことはありません。しかし、何といってもシラチャは半径500m以内、手の届くところに何でもある町。必然的にそこに住む人の行動範囲も狭くなります。

こちらも初めは住人の行動パターンなどを分析して、いなさそうな時間にこそこそ動いていたのですが、途中からアホらしくなってきました。なんで私がこんなに気を使わなくてはいけないのだと。逃亡犯でもあるまいしなんでコソコソしなくてはいけないのか。

しかしそう開き直っても出会ってしまうことは防げません。一番気まずいのは何といってもスナックカラオケでお客さんと遭遇することでした。これがまだ単身のお客さんなら100歩譲って問題ありません。お互い、ああそんな趣味なんだーと内心ニヤニヤするだけです。しかし、奥様連れのお客さんに会う時の気まずさったらありません。向こうは、見つかった!みたいな顔をするし、私は見てはいけないものを見てしまったような感じになるし。

基本私が勤めていたサービスアパートは高級アパートということもあり、お客さんもエグゼクティブクラスが多く住んでいました。そのため私が好んで行っていた場末のスナックやバーに彼らは滅多に来ないのですが、それでも自分が女の子とイチャイチャしているところを見られている可能性もあります。大分気を付けていますが、いかんせんそんな時はお酒が大量に入っています。

そんな閉塞感やアホらしさがあり、しばらくすると私はシラチャで外出するのが億劫になってきました。それはそうです。目の前から日本人が歩いてくるとお客さんかと思い身を翻したりしていては色々とストレスが溜まってくるというものです。

かと言って部屋にずっと閉じこもっているのもなんだなー、と思っていた時ふと思い出しました。そうだ世界最大の歓楽街パタヤまで1時間もあればいけるではないか!と。そうなれば善は急げ。いっそのことパタヤまで行って羽を伸ばしてしまおうと思うようになりました。

こうして私はパタヤにどっぷりと浸かっていくこととなります。



Booking.com