海外移住日記第62話 パタヤの定宿はパタヤのセンター

Pocket

シラチャから世界一の歓楽街パタヤはあっという間。

海外移住日記第62話 サービスアパート管理人編

ちなみに私はパタヤに日帰りでいくことが多かったです。今でもあるのか分かりませんが、当時私の住んでいたシラチャプレス記事参照の隣にあったバルコニーというサービスアパートからパタヤのハーバーモールまでのシャトルバスが出ていました。所要時間は、交通状況にもよりますが、およそ1時間。空いている時間帯は40分ほどで着きました。バルコニー居住者は無料。外部の人間は100Bでした。

もう少し、200mほど、歩いてスクンピッド通りまで出れば40Bで走るロットゥ(乗り合いバン)がありましたが、これは乗客が全員そろってから出発するもので、また色々なところで止まったり乗せたり、時には、途中で止まり違うロットゥに乗り換えさせられたり、日本の感覚ではありえないのですが、途中運転手が買い物に行ったり、ガソリンスタンドで30分ほどかけて給油したりと時間が全く読めない代物でした。

また運転手のクオリティも悪く、安全保障のないジェットコースターのようなものでした。何しろ100キロを超えるスピードで前を走る車との車間距離が1mくらい近づいて走っていました。あれに比べればジェットコースターなんて可愛いものです。何しろこちらはちょっと前の車が急ブレーキを踏んだだけで交通事故につながる安全保障なんて何もないデスコースターでした。

当時私が働いていたサービスアパートの拘束時間は朝7時から夕方の4時まで。職場から自分の部屋まで徒歩10分。充分仕事終わりに日帰りでパタヤまで遊びに行くことができました。仕事を16時に終え、部屋に帰り着替えて準備をしてパタヤに向かい、ちょっと繁華街を飲み歩いて夜21時くらいにシラチャ行きのロットゥに乗り22時くらいに部屋に戻ってくる。みたいな生活をしていました。

また休みの日にはパタヤに前日の夜から泊まりで行くこともありました。その場合は上述のシラチャプレイスの隣のサービスアパートからのシャトルバスを利用していました。というのもこのシャトルバスが到着するのがパタヤのセントラルロードに位置するハーバーモール。この近くに定宿のゲストハウスがあったからでした。それが、LKマンション、でした。

LKマンション

時期にもよりますが大体1泊700BAHT前後から。まあ2000円前後です。安いんだか高いんだか分かりませんが、まあ大人として泊まっていて恥ずかしくないレベルのホテルです。しかしこのホテルの真骨頂というか、特筆すべきはその立地です。

ノースパタヤにもセントラルパタヤにもLKメトロにも、ちょっと頑張って歩けばウォーキングストリートも射程圏内となります。そんな夜遊びにもうれしいLKマンションですが、一部の男性には嬉しいJFフリーとなります。

館内にはエレベーター、プール、室内には、エアコン、ホットシャワー、冷蔵庫、フリーWi-Fiなどなどが使えます。そして真下にはファミリーマート、道路を渡ったところにはセブンイレブンがあります。ちなみに真下にある屋台のぶっかけ飯屋には、世界一美味しい料理、として有名な、マッサマンカレーが売っています。値段も安くて味も抜群なので一度お試しあれ。

初めこそシラチャで慣れていたためパタヤは広いと思っていました。しかし、セントラルロードとソイブッカオが交差するところにあるこのホテルに落ち着いてからというもの、飲み屋が集まっているエリアまで半径1㎞ほどということもあり、酔い覚ましもかねて散歩がてらにちょうどいいと思って、パタヤを歩き尽くしていました。