ヨーロッパの参加したら面白そうなお祭り 9月編

Pocket

チェコ

ホップフェスティバル  

ドチェスナーは、王家の町ジャテツの旧市街で行われる伝統のイベント。毎年夏の休暇が終わる頃に開催され、入場は無料です。ここでは様々な文化、音楽プログラム、コンテスト、ゲームのほか、20ヵ所の醸造所が作る40種類を超えるビールが楽しめます。またビールのステッカー市、バレーボール・トーナメントや、最近ではホップとビールの神殿 関連イベント、あるいはビールのプラスチック・コップを並べた長さで記録達成トライなどなど、ユニークな催しも満載です。公式

ジャテッツ

2017/9/1~9/2


ドイツ

オクトーバー フェスト 

590万人が770万リットルものをビールを消費する世界一のビール祭り

ドイツと言えば、ビール!そう答える方も多いのではないでしょうか。そんなイメージを象徴するのが、毎年ドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されているオクトーバーフェスト。きっかけは1810年、当時の皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚式を多くのミュンヘン市民が祝ったお祭りです。 現在では世界で最も規模が大きいお祭りとして、ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する14の巨大ビールテントをはじめ、小さな屋台やアトラクションなど一日ではとても回りきれない広大な会場(その広さ、東京ドームの約9倍!)で多くのビールが飲み交わされます。 会場ではステージでの音楽や観覧車、ジェットコースターなどの移動遊園地など現代風に変化していますが、昔ながらの荷台にビール樽を積んだ馬車やブラスバンドの全長数キロに及ぶパレードは見所の1つとなっています。ちなみに昨年は、590万人もの来場者によって、770万リットルものをビールが消費されたというから、まさに世界一のビール祭りですね。公式日本

ミュンヘン

2017/9/16~10/3

カンシュタット フォルクスフェスト 

Cannstatter Volksfestは、ドイツのシュツットガルトで開催される年間3週間のフォルクスフェスト(ビールフェスティバルと旅行のお手伝い)です。ドイツで二番目に大きなビール祭り。 それはシュトゥットガルト・ビアフェスティバルとして外国人の訪問者によって言及されることもあるが、実際には秋のフェアのほうが多い。このフェスティバルは、9月下旬から10月上旬まで、3週間の週末に渡り、10月の第2日曜日に終了するカンストスター・ワッセン(Cannstatter Wasen)で行われます。 広大なWasen地区はシュトゥットガルト市街のBad Cannstattにあり、Neckar川の近くにあります。 シュトゥットガルト祭りの小さな変種であるシュツットガルト春祭りも毎年ワッセンで開催されています。WIKI

シュツットガルト

2015/9/22~10/8

ベルリン マラソン

毎年9月の最終日曜日にドイツのベルリンで開催される、国際陸上競技連盟(IAAF)ゴールドラベルのフルマラソン大会であり、ワールドマラソンメジャーズの一つである。WIKI

ベルリン

2017/9/24

帝国自由祭り 

何百人ものローテンブルク市民がある特定の時代や、伝統ある職人芸の再現や甦りを目的とする歴史同好会に加盟しています。何千メートルもの布地を昔どおりに加工したり、古い道具をみつけて修理したり、あるいは復元したり。過去のものを大切に守り今日を大切に生きる - これが帝国直属都市祭りのモットーとなっています。 金曜日の夜には、歴史同好会の松明行列がマルクト広場に繰り出します。アーケードが特徴的な歴史的な市庁舎は音楽花火の素晴らしい舞台になります。タウバー渓谷で大砲のとどろきと炎とともに大花火があがった後、土曜日の夜に町はいったん眠りにつき、翌朝また祭りを続けます。公式

ローテンブルク

2017/9/1~3

ヴルストマルクト ワイン祭り 

Wurstmarktは、ドイツワインの道のバート・デュルクハイムのラインラント=プファルツ州のスパや地区の町の民俗祭りです。最初の1417年に組織さ祭りは、9月の第二と第三週末に毎年本日開催されます代わりに[1]、世界最大のワイン祭りとして60万の訪問者をとらなければなりません。2012年にはこれまで以上685000客、祭りを、訪問した。[2]都市の住民は、およそ18,000、38倍を超えました。でも、2014年の少ない快適な天候で、いくつかの64万ゲストは、市政府によると、カウントした。WIKI

バート・デュルクハイム

2017/9/8~12、15~18


フランス

笛吹きの祭

http://jp.france.fr/ja/information/24127

ミンストレルフェスティバルはアルザスで最も古くからのフェスティバルで、リベオヴィエ県のリベアピエールと彼らが保護するために使用した宮殿の間のつながりを永続させます。毎年、中世とのこの偉大な本物の出会いは、9月の第一日曜日に行われます。テーマは、農民の生活、城の生活、家庭や驚異的な動物、建物、旅行、発見、仕事、貿易、信念、運と不幸など、中世の歴史のさまざまなイメージを思い起こさせます。

リブーヴィレ 

2017年9月3日 

リール古物市

欧州最大の蚤の市

リール 

2017年9月2日~3日


スイス

チューリッヒ映画祭 

チューリッヒ

2017/9/28~10/8

フリムス国際アルプス熱気球週間 

フリムス

2017/9/30~10/8

ヌーシャテル収穫祭 

ヌーシャテル

2017/9/22~24

チーズ分配の祭り 

アルプスの一部の地域で “牧くだり“と一緒におこなわれるチーズ分配の祭り。これは、牧夫たちが夏の間、アルプ(アルプスの放牧地)の山小屋でつくったチーズを、自分の所有している牛の乳量に応じて分配していくというもの。 ハスリベルグの上に位置するメーギスアルプ Mägisalpでは、放牧されていた牛たちが山をおりてくる秋に、アルプスの収穫祭としてこの伝統行事がおこなわれます。ヨーデルやアルプホルンなど伝統音楽の演奏を楽しみながら、地元のチーズやワインなどを味わうこともできるでしょう。

ハスリベルク

2017/9/9


アイルランド

国際オイスター フェスティバル 

アイルランド共和国ゴールウェイで毎年カキの季節の始まりである9月に行われる食品祭。

ゴールウェイ

2017/9/22~24


スペイン

サン セバスティアン国際映画祭 

スペイン北部のバスク州ギプスコア県サン・セバスティアンで毎年9月に開催される映画祭。通称「サン・セバスティアン国際映画祭」。WIKI

サン セバスティアン

2017/9/22~30

ヘレスの収穫祭 

ヘレス

2017/9/1~17

リオハの収穫祭

スペインのマドリード北東、リオハ州の州都ログローニョで開催されるぶどうの収穫祭。リハオは同国でも指折りのワイン産地で、祭りでは伝統行事であるぶどう踏みが行われる。ワインや郷土料理が供されるほか、民族舞踊、民族音楽、闘牛などの大会も同時に開催される。守護聖人サン・マテオの日が9月21日で、その前後のおよそ1週間にイベントが行われる。コトバンク

ログローニョ 

2017年9月21日

ラ・ディアダ・ナシオナル・ダ・カタルーニャ

毎年9月11日であり、カタルーニャ州における祝祭日である。単なるディアーダ(カタルーニャ語: Diada)だけでもこの祝祭日を指す。日本語ではカタルーニャ国民の日[1]やカタルーニャの日[2]やディアダ[3]などと表記される。WIKI

バルセロナ 

2017年9月11日 

メルセド祭り

毎年9月下旬に行われるバルセロナ最大のお祭り。

バルセロナ 

2017年9月22日~25日 


オランダ

ズンデルトの花パレード

ズンデルト

2017/9/3~4


ベルギー

ベルギービール ウィークエンド 

ブリュッセル

2017/9/1~3


イタリア

サンタ・クローチェの光祭り 

城壁に囲まれた中世都市ルッカを舞台に繰り広げられる幻想的な光の祭り。

ルッカ

毎年9/13

レガッタ・ストーリカ(歴史的レガッタ)

ヴェネツィア

2017年9月3日 


スウェーデン

エーランド収穫祭 

エーランド

2017/9/28~10/2


ポルトガル

マデイラ ワインフェスティバル

マデイラワインの収穫を祝うこのお祭りは、マデイラを訪ねる良いきっかけといえるでしょう。フンシャル(Funchal)から島内の他の都市にかけて繰り広げられる、光、音、音楽を盛り込んだライブエンターテインメントが祭りの見所の一つです。フンシャルから12kmのカマラ・デ・ロボス(Câmara de Lobos)地区では、ブドウ摘みに参加したり、グレープピッカーの行列に参列するなど地元の伝統的収穫イベントにもご参加いただけます。観光局

マデイラ

2017/8/27~9/10