海外移住日記第63話 シラチャでの食生活事情

Pocket

シラチャでの食生活。

海外移住日記第63話 サービスアパート管理人編

シラチャには日本食屋がたくさんあります。しかし、私は日本食にそこまで興味がありません。基本的にタイ料理が大好き人間なので、特に3食タイ料理で全く問題ありません。しかし、そうはうまくいかないのがシラチャでした。

というのもシラチャには、色々ちょうど足りません。タイ料理屋は確かにあります。しかし多いのは一人で入るのは憚られるようなイサーン料理屋。基本友人の少ない私は一人飯はあまり気にしないのですが、それでもやはり毎日一人飯をしていると気分が滅入っていきます。

バンコクのように、どこでも何時でも、さくっとタイ料理が食べれるというわけではありませんでした。特にシラチャは夜の9時を超えると途端に何もなくなってしまいます。残るのはお酒がメインの店か日本食の居酒屋しかなくなってしまうのがシラチャでした。

それならば他の料理はどうかというと、それは日本化されたシラチャの悲しいところ。シラチャにはほとんどタイ料理と日本料理屋しかありませんでした。世界中どこにでもあると言われる中華料理屋すらありません(台湾料理屋はあるけど1軒のみでした)。何でも過去にもう一店あったらしいのですが潰れたとのことでした。

それじゃあインド料理屋はどうか?パタヤには腐るほどあります。しかし、それもなし。これも一軒あったらしいのですが、やはり潰れてしまったらしいです。韓国料理屋はどうか?これはシラチャ中心部アサンプションという交差点付近に一軒あります。そしてロビンソンからもっとピントン工業団地の方に向かえば数軒の韓国料理屋はあるらしいのですが、何もそこまで苦労してまで食べたいわけではありません。

意外なのはベトナム料理屋が2軒あることでした。これは昨今のベトナム人労働者がタイの経済を支えている影響かもしれません。ただメニューはというと・・・フォーがあるだけでそれ以外はほとんどタイ料理屋と変わりませんでした。しかも何故かこじゃれたカフェみたいな作りにしているプラス9時閉店とあまり利用できない感じです。

洋食はどうか?海岸通りに一軒イタリア料理屋があるだけでそれ以外はなし。私がかつて住んでいた時にもちらほらとファラン(西洋人)を見かけましたが、いったい彼らは何を食べていたのだろうかと不思議になるほどでした。タイ料理か日本料理か自炊なのか・・・。

しかし味を変えるという意味ならばステーキ屋が何軒かあるのが救いでした。牛肉は食べれたものではないですが、鶏肉と豚肉は食べられます。そしてたまに食事の気分転換をするにはちょうどよかったです。

そんな食生活の乏しさ、またタイ料理屋の利用のしにくさがパタヤに足を延ばす遠因の一つになったとも言えます。



簡単なのに本格派! はじめてのタイ料理 (講談社のお料理BOOK)