海外移住日記第65話 シラチャでの飲酒事情

Pocket

シラチャでの飲酒事情

海外移住日記第65話 サービスアパート管理人編

お酒を飲みに行く。昔ほどではありませんが、それでも週に1、2度は飲みに行きたいと思うことがあります。しかし、そんな時でもシラチャにあるのはスナックやカラオケがほとんどです。スナックやカラオケは1時間500~1000BAHTで飲み放題という良心的なシステムになります。

しかし、そういうところじゃなくてもっと気軽に飲みたいのに!と思うことがあります。と言うのもスナックもカラオケは何よりもうるさいのです。まだ店のBGMの音が大きいのなら我慢できます。しかし、知らないおじさんが酔っぱらって大声で歌っている真隣でお酒何て飲みたくありません。

そういう意味でもシラチャよりもパタヤの方が気軽に飲みに行く場所が腐るほどあり便利でした。まあパタヤにはおばちゃんやオカマがたくさんいるのですが、それでも気軽に飲みに行ける分私の性にはあっていました。余談ですが、おばちゃんおばちゃん言っていますが、よくよく考えれば私よりも年下なのだと気が付いた時には、自分が歳を取ったんだと再認識させられます。

個人的な主観としては、夜の蝶の絶対数はシラチャよりパタヤの方が圧倒的に多いですが、シラチャの方が日本人が好きそうな娘が多いような気がします。まあどちらにしても夜の蝶なので、儚い一夜の出会いなのですが・・・。

またシラチャは街が小さくて箱庭の様で万里なところが良いところなのですが、逆に小さすぎるからこそ困るということもあります。それは何といっても小さい町だけに顔が知れすぎてしまうこと。というより狭いエリアに複数のスナックやカラオケが隣合っているので、すぐにほとんどの店の娘と顔見知りになってしまいます。

なので夜の街を歩いていると、自分の名前を呼ばれたり、初めてだと思って話していた娘に名前を知られていたり、私~ちゃんの友達、なんて言われたりすることが多々あります。その点パタヤの方が飲み屋のエリアが点在しており、人の数も多いためそのようなことはほとんどありません。そういう意味では遊びやすいとも言えます。

またシラチャでは何度も言いますが町が小さいため、私の働いていたサービスアパートのお客さんと飲み屋で会う、なんてこともあったりして気まずい思いをすることもあります。別に気にする必要はないのですが、はっちゃけている姿を見られるのも、逆にはっちゃけている客の姿を見るのもどちらも気まずい思いをします。

というわけでどんどんどんどんシラチャの夜の店から足が遠のいていくことになります。



ブラックアジア 第二部タイ〈パタヤ〉編 いいヤツは天国へ逝く、ワルはパタヤへ行く (ラピュータブックス)