海外移住して頑張らずに生きることを決めた

Pocket

海外移住=頑張らない生き方

今回は私が海外移住を目指した理由をお話しします。そういう私もブラック企業からの脱出が先にあり移住は後付なので、元々最初から明確な目標があって目指していたわけではありません。

海外移住に対するイメージ

pikiwiki_israel_20653_jewish_immigration

皆さんの海外移住に対するイメージってどうでしょうか?周囲やネットの反応はきっと以下のようではないでしょうか?

・英語ができなければ暮らしていけない

・いやいやそれプラス技術がなければ無理

・安定してる国ってそれなりに見合った能力求められる

・日本以外からも沢山の外国人と競う必要があるから無理

・能力なければどこの国でも貧乏生活だ

・海外行こうと思ってる奴増えたな(笑)

・日本がつらくて海外逃げても通用しない

などなど。自分自信はポジティブで前向きなんだけど周りから頭ごなしに無理だと言われている人もいるかもしれません。それでは実際に移住をしている立場から言わせてもらうと、英語出来ないと仕事ができない海外で生活できない、と思い込んでる人多いかもしれませんが、そんなものはです。

海外で日本人を対象にして日本語だけで、働ける仕事なんかいくらでもあります。もちろん一般常識や社会人経験が求められることはあります。また営業経験があれば尚可みたいなこともあります。でも日本語ができるってだけでもそれだけで実は特殊技能です、本当に。

もちろんどうしてもやりたい仕事があるとか、高い給与待遇を求めているとか、そんな人は日本で頑張ればいいと思います。また正規の方法で海外就職、移住を目指せばいいと思います。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b918

でも私が言いたいのは、そうじゃなくてもっと軽い気持ちで、一生懸命に生きるだけじゃなくて、のんびりとゆったりと暮らしたい。給料とかそんな高望みしないからまったり生きていきたい。そんな人生をやり直したい始めたいって人もきっといると思うということ。

そんなこと今の日本で声高に唱えたら、変人人間失格、扱いされてしまうかもしれません。だから言えない。でも絶対一定数はいると思う。仕事が生きがいだ仕事に誇りを持たなければいけない、そう思えない人が。そんな自分を騙して生きていくみたいなことを私はもうやめました。

仕事は生きていくためのお金を稼ぐ手段にすぎない。極論働かなくてもいいなら働きたくない。でも働かなくてはいけないから嫌々働く。こんなこと言ったらおかしいと思われる。でもそう思ってるって人も多いと思う。だからそう思ってもいい

日本が嫌なら海外でもいい

man-872100_960_720

実は 海外に出よう って一歩踏み出せた時点で何とかなります。どこかにもっと良い暮らしがあるのでは?何か賢い方法があるのではないか?生活コストを減らしつつ、もっといい暮らしができるのでないか?

そう考えるのはあなた1人ではありません。皆同じことを考えています。でもどこかで諦めているだけです。もっと余裕が持てる場所に居を移して、生活の質を高めつつ気楽に生きたい。そしてそれは日本でなくてもいい。

今、実は海外には100万人以上の日本人が住んでいると言われています。ということは海外に出た理由だって100万通りあるはず。それだけの人がいれば、私達の海外を目指す理由なんて当たり前なのかもしれない。いや私達なんかよりも不謹慎で、不真面目で、そしてもっと 自由な 理由があるのかもしれない。

今までは他人からどう思われているか、周囲の視線を気にして、感じて、他人の価値観に自分を合わせて生きていくことが多かった。でもそれはもう辞めようと思います。もちろん完全に排除できるなんて無理だけど、最小限に抑えていく。それよりもこれからは自分の価値観を最大限重要視したい。

シンプルに自分がしたいことをやり、やりたくないことはできるだけやらない。他人に迷惑をかけず誰かを悲しませず自己完結できる範囲内であれば、自分の人生もっと自由に生きたっていいのではないか。

こんな生き方が正しいのか間違っているのか?成功なのか失敗なのか?それは分からないけれど、とりあえず今のところ私は満足しています。しがらみだとか当たり前だとか義務だとか常識だとか逃げることができたから。これからは自分が何をしたいか、したくないかだけを考えてそうやって生きていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする