海外移住日記第66話 シラチャからパタヤは意外とすぐに着く

Pocket

そんなこともあり次第にシラチャから離れ、パタヤまで足をのばして遊びに行くようになっていきました。ちなみにシラチャからパタヤまでおよそ1時間かかりませんでした。これは部屋を出てからパタヤの中心街に降りるまでの時間になります。

ちなみに私がバンコクに一時住んでいた時はBTSプラカノン駅近くに住んでいたのですが、部屋からBTSの駅まで徒歩15分くらい。そこからどこに行くかにもよりますが、例えばBTSナナやアソークだとBTSで10分ほどで計25分ほど。シーロム方面だと、乗り換えがあるため+20分で計45分ほど。ラチャダー方面も同じく+20分で計45分ほど。

ちなみに日本にいた時はどうだったかというと?私は日本の名古屋に住んでいたのですが、一応地下鉄沿線のエリアで最寄りの駅まで徒歩10分ほどの立地に実家がありました。そこから地下鉄の駅構内に入り、地下鉄に乗るまでおよそ5分から10分(地下鉄の待ち時間もあるため)。地下鉄に乗り、名古屋中心地の栄や名古屋駅までおよそ25分。と考えると片道およそ45分。

こう考えると、バンコクで暮らしていて繁華街に向かう・名古屋市内を公共機関で移動して繁華街に向かう、のとシラチャからパタヤまで移動するのと大差ないことに気が付きました。むしろバス1本で行けるだけシラチャの方が便利で楽でした。

そんなパタヤですが遊ぶ場所として大きく分けて、ノースパタヤ、セントラルパタヤ、サウスパタヤ、の3つのエリアに分かれます。ちなみに初期のパタヤでの私の常宿は、セントラルロードと3RDロードが交差する交差点からほど近いところにありました。

ここは当時住んでいたシラチャプレイスの下にあるバルコニーと言われるサービスアパートから、パタヤのハーバーモールへシャトルバスが出ていることが関係していました。そうハーバーモールから近かったからでした。そのため交通至便が決定打となりこの宿を拠点にパタヤライフをしばらく送っていました。

パタヤのバービヤやゴーゴーには、おばちゃんやオカマだらけだったのですが、あの開放的な空間と西洋人でごった返す熱気あふれる感じ、また気軽に飲みに行ける感じが好きでよく遊びに行っていました。

またビール一本飲んで70BAHT~(約200円~)というのもお手軽で何軒もはしごして回ったものでした。パタヤにこれだけ沢山あるんだから少しくらいシラチャにできてくれないかなーと思いながら。



男と女のタイ語会話術 口説き術実践コラム満載! 学校では教えてくれない! [ 早坂裕一郎 ]