海外移住日記第69話 私がパタヤを目指した理由

Pocket

私がパタヤを求めた理由の一つ

海外移住日記第69話 サービスアパート管理人編

私はただのんびりと落ち着いて飲める、ただそれだけの店を探してわざわざパタヤまで出張って行っていました。もちろんシラチャにものんびりと飲める店は、数店あることはあります。しかし・・・何というかパタヤのように落ち着いて飲めず、また圧倒的に絶対数が少ないため、私のこんなささやかな願いすらシラチャでは叶えられませんでした。

ちなみにシラチャには、スナックやカラオケなどの店がたくさんあります。しかし、それらの店は、真隣や真後ろから聞こえてくる、知らないおじさんの歌を強制的に聞かされることになります。”これどんな罰ゲームだよ・・・”そう一人ごちるのですが、そういうシステムなので怒るわけにもいきません。

そうシラチャには、ちょっと誰かと話しながら(できれば異性)、のんびりだらだらと飲むところが極端にないのです。あるのはギラギラと性の匂いのする店ばかり。男も女も。いやいや、そうじゃないんだと。いや、そうじゃないこともないけど、もっと気軽に誰かと話しながら、のんびりできるところもシラチャにあれ、と。

もちろんパタヤでも女性陣はやる気マンマンだったりします。しかし、こちらもはなからおばちゃんやオカマを相手にする気はないので、笑って、ない!ない!ははは、と軽くいなすことができます。そして相手もそこまで深入りしてこないので、あっそう、とあけっけらかんとしており、その後は世間話に付き合ってくれたりします。

何よりも、あのオープンエアーな開放的な雰囲気がそうさせるのかもしれません。シラチャでは、どうしても薄暗い店内で知らないおっさんの酔っぱらった大声の歌の下では何も聞こえないため、必然的に顔を寄せ合って話さざるをえなく、その結果、変な雰囲気になってしまいます。

客側もやる気マンマンならそれはそれでよいのかも知れません。しかし私のように、ちょっと飲みたい、でも一人で飲むのはせつない、というくらいの客からすると、その飲み場のなさにに困ってしまうことになります。

これが私がシラチャからパタヤを目指した理由の一つでもあります。そう。決してエロい気持ちでパタヤを目指したわけではなく、むしろ逆な感情でパタヤを目指していました。



ブラックアジア 第二部タイ〈パタヤ〉編 いいヤツは天国へ逝く、ワルはパタヤへ行く (ラピュータブックス)