人生を今より少し楽に生きる考え方

Pocket

人生を今より楽に生きる

人生はあまり求めすぎなければ今よりもっと生きていけるのではないでしょうか。仕事、遊び、趣味、食べるもの、着るもの、などなどみんなそうです。その中でも特にお金をそこそこでいいと割りきれると、今よりももっと楽しく気楽に生きていくことができます。

そう。周りの価値観に無理に自分を合わせて高いものを目指す必要なんてありません。そうやって背伸びしすぎて人生を台無しにする必要はありません。理想を高いところに置いて必死に努力したりして、上を目指すのもいいですが、それだけが唯一の生き方じゃありません。

もっと適当にいい感じで暮らす。そんな生き方が、もっともっと許容されてもいいのではないかと思います。そういう生き方も間違いじゃない。もっと認められていい。今はちょっとギチギチに縛られ過ぎている気がします。現状でも出来ることや面白いことなんて知らないだけで無数にあります。それなのに何で皆無理して上を上を目指そうとするのか?まるで集団で崖に向かうレミングの群れのように。

悟り世代

そういう意味で言えば、悟り世代 と言われている子達の考え方は間違っていないのではないかと思います。あれはあれで実に合理的な考え方をしています。誰かにあれこれ言われる筋合いなんてない。いらないものはいらない。自分の物差し価値観で選べばいい。自分に必要なものは自分で判断すればいい。

何でいい大人が軽自動車なの?って言われても、軽自動車で便利じゃん。

何でもっと良い時計しないの?って言われても、高い時計でも安い時計でも時間は同じ。

何でもっと良い物食べないの?って言われても、回転すしやファミレスで十分美味しい。

大人なんだから、社会人なんだから、男なんだから・・・このレベルのものを持っておかないと、知っておかないといけないとか、勝手に決めるなと言ってやろう。いちいち口出すなと言ってやればいい。

人生は良い塩梅で

まあ世の中皆が皆、意識低い系ばかりになったらまずい気はします。でもまずは自分のことを優先的に考えればいい。「人生諦めが肝心」という台詞の、人生の後に”良いところで”という言葉を付け加えると途端に至言に変わります。

人生に勝手に絶望して台無しにしてしまう原因はほとんどが誰かに対する、一方的で無意味な劣等感を持ってしまうことからくるんだと思います。特にその中でも、過去の自分、親、友達の3つと、今の自分を比較してしまいがちです。とりあえず手始めに自分とこれら3つとを比較をしないようにすると、今より生きるのがすごく楽になる。生きやすくなります。

勤勉で真面目なのは日本人の美徳だけれど、それは自分の人生を台無しにするほど大事じゃありません。海外に目を向ければ意外なほど、拍子抜けするほど皆適当に生きていたりします。実は人生なんてそんな真面目に生きなくたっていい。もっと気楽に適当に良い塩梅で生きていたっていい。

そしてそういう生き方をする奴がいたっていい。それが自分でもいい。


送料無料はちみつ梅 500g 紀州南高梅【つぶれ梅】 梅干 【1000円ポッキリ】(但し北海道、沖縄別途送料¥500)【梅干し 訳あり 送料無料】つぶれ梅 梅 【訳あり】【大感謝祭201512_1000円】 塩分8%

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする