理想の40代のために習い事を始める

Pocket

習い事を始めようとしたきっかけ

海外に移住し、新しい人生が始まりました。38歳からの新生活。これは良い機会。どうせなら新しい人生、新しいことにも挑戦してみたい。38歳からでも何か人生を変えられるかもしれない。このまま、何も変わらずに人生終わってしまっていいのか。そう思い、40歳を目前に理想の自分を実現するためにも、新しく習い事を始めてみることにしました。

しかしその前に今の自分の趣味は何だろうと考えてみました。そして今まで、自分には無理だ、とか、今更恥ずかしい、だとか、自分で自分を諦めていた理性のフタを外してみることにしました。

周りからの評価なんて関係ない。もっと自分の心に正直になろうと思いました。と言うわけで30代のうちに40歳で花を開くための種をまくことにしました。おじさんだからと恥ずかしがらずに習いに行ってみようと思いました。

そう思ったきっかけの一つに同じくパタヤに暮らす40歳の友人の存在があります。おっさんの手習いでサーフィンを始めた友人。どうせ一時的なものだろうと思い、一緒にサーフィンやろう、という誘いを断っていたのですが、それから早1年。

友人はその後もサーフィンを習い続け、今では2日休みがあると、わざわざ飛行機でプーケットまで飛んでサーフィンをしに行くようになっていました。わざわざマイボードまで買ったらしい。サーフィン自体には全く興味はありませんが、同じような年の友人が新たな趣味にはまっているのが少し羨ましく思いました。

どうせ新しく習い事をするならば

どうせなら習い事をすることによって新しい出会いが欲しい。おじさんになると出会いがなくなるためなかなか新しい友達ができなくなります。まして海外に住んでいるとなれば、なおさらのことです。そういう意味で交友関係が広がることに期待をしたいという思惑もあったりします。そんな中私が選んだ習い事がムエタイヨガの二つ。

ムエタイ

4798854989_9f09f2fb18_m

正直運動不足を感じていました。かと言ってこんな年中暑いタイで、ランニングとかはやる気が起きません。まずモチベーションが保てない。そんな中むくむくと膨れ上がってきたのが、兼ねてよりあった、格闘技に対する漠然とした憧れ。

健全な肉体に健全な魂が宿る。格闘技が趣味であれば、逞しい引き締まった体を手に入れ、強くて男らしいという見た目と、礼儀正しいさや忍耐強さ、心と体を共に鍛えることができ、そして成長できる。そう書くとありがちなテンプレート的な理由ですが、率直な理由は、ムエタイやってる自分を想像したらカッコいい、からでした。

ヨガ

%e3%83%a8%e3%82%ac

過去タイマッサージを数年間修行していたこともあり、ヨガには実は昔から興味はありました。ヨガには知的で優しく、ソフトなイメージがあります。それより何より、ヨガをやり体が柔らかくなるとケガをしづらくなるのでは、という考えがありました。

別に長生きしたいとは思いませんが、持病でもある腰痛や、最近痛めた首の筋など、できればおっさんに突入したこれからの人生をあまりケガをせず、不快な痛みや苦しみを伴いながら生活はしたくないという切なる思いがあります

ムエタイで男らしくたくましい体を、ヨガによりしなやかさで柔らかな体を、上手く両面の良いところを取り入れたハイブリッドな体を手に入れたい。

どうせならそれ以外にも

このようにムエタイやヨガを新しい習い事として選んだ理由としては、健康とスマートな見た目も手に入るという一石二鳥的な考えがあります。しかしそれ以外にも実はやましい考えがあったりします。

それは、どうせならばそれプラス、女子ウケが良さそうな趣味を新しく始めてみようではないかという考えです。趣味としてだけでなく、話のネタとしても、そして会話も弾むという、そんな思惑に加えて、ムエタイやヨガの教室には女性の会員が多いのではないか、という出会いの場としての狙いもあったりします。

そして同じ趣味をもち、楽しさを共有することで意気投合ができるのではないかと。さらに女性と出会え、女性ウケする趣味であれば、モチベーションも保つことができ、容易に継続して続けられる。まさに、一石三鳥、いや四鳥なアイデアだと自負しています。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする