海外移住日記第75話 久しぶりに見たドミトリーはしんどい

Pocket

久しぶりに見たドミトリーはしんどい

海外移住日記第75話 サービスアパート管理人編

ちなみに前回のソイブッカオにある格安ホテル、アジアバックパッカーズにチェックインをすることをやめたのは部屋がきついことだけではありませんでした。というのもあらかじめネットで予約をしていたにも関わらず、フロントのスタッフは知らないと言われたことも理由の一つでした。

その時は、良かった先払いじゃなくて現地払いにしておいて!と心から思いました。タイで、と言うより海外でこういうことは日常茶飯事です。高級ホテルでもなければ外国人は泣き寝入りするしかないことも多々あります。まあ、好意的に見るのならば、先払いにしていなかったから予約を把握していないのかも?・・・そんなことはないな。ただ単に忘れているだけだ。

いやいやさすがタイランドだぜ。今のご時世でもこんなことがあるのかよと思いつつ、150Bで予約したよ、とにっこり笑顔で伝えると、じゃあその金額でいいよ、とのことでした。どうやら直接訪ねてくる旅行者には200Bを提示しているようでした。

悪びれずに言うので、まあいいか・・・そう思いかけてしまいましたが、いやいや良くない良くない。そう思いなおし部屋のチェックをしたのでした。本当に良かったこの時何も考えずにチェックインをしなくて。

というわけで急遽 Malee house and restaurant に宿泊するを決めた私。350Bならとりあえずこんなところか・・・まあドミトリーよりははるかにマシだわ。そう思い荷物だけおいて友人と合流するため宿を出ることにしました。そこでふとこれからのことを考えました。今から夕食食べた後は飲みに行くわけです。

一応荷物は持ってきていました。中には特に貴重品は入ってはおらず、明日の分の着替えとタオル等のみです。しかしいくら貴重品が入っていないからと言ってここに荷物を置きっぱなしにするのはなんか嫌でした。盗られても困りません。でもムカつくことには変わりはありません。

という訳で荷物は全部持って宿を出ることにしましした。というのも日本から来る友人は私と違ってシングルのもう少し良い部屋をとっていました。 マレーズロッジホテル という690B~のホテルの部屋を取っているとのことでした。

私の泊まっているホテルの倍の金額の部屋。さすがにフロントや部屋は私の部屋よりはましな感じなので、そこに私の荷物を置いてもらうことにしました。宿を出たところでちょうど友人から連絡がありマッサージが終わり、宿に到着したとのこと。

私がチェックインした Malee house and restaurant からマレーズロッジホテルまで徒歩で5分もかかりません。急ぐことなくゆっくり向かってフロントで友人と久しぶり、でもないですが再会することとなりました。