海外移住日記第76話 夜のパタヤはカオス

Pocket

マレーズロッジホテルのフロントに到着し、フロントで待っていると近くのセブンイレブンで買い物をしてきた友人と合流しました。軽い挨拶の後、そのままいったん友人の部屋に向かうことにしました。

友人が泊っている部屋は、6畳ほどの広さの部屋に小さいユニットバス、4フィートほどのベッド、壁掛けのテレビに小さい冷蔵庫、とまるで連れ込み宿のようでした。しかし、私の泊まっているホテルに比べればやはり快適そうでした。

忘れないうちに、と友人からお土産、レザークラフトキットテーピングテープを受け取りました。友人から、何かお土産持って行こうか?と聞かれていたのですが、正直何も思い浮かばなかったのですが、いらない、というのもなんだと思ったので、適当に思い浮かんだ上記2点をお願いすることにしました。ちなみにレザークラフトキットはスマホカバーの改造、テーピングテープは痛風対策でした。ちなみに両者とも100均のものとなります。

しばらくまったりした後、それじゃあ早速行きますか、と促すと

パスポートどうしよう?

>どっちでもいいんじゃないですか

お金いくら持っていったらいい?

>知らんがな。とりあえず5000B(約15000円)もあれば足りるんじゃないですか

など、しょうもないやり取りがあった後、夜のパタヤに繰り出すことになりました。ちなみに友人は朝9時にパタヤに着きチェックイン後パタヤの街を一通り歩いて回ったようでした。しかし、彼が見たのはあくまで陽の高い時間のパタヤ。夜になるとパタヤはその表情を変えます。まあソイブッカオは昼から下卑た雰囲気は既に醸し出しているのですが。

友人とともにホテルを出たのはちょうど夜のとばりが下り始めた20時前。これくらいの時間からソイブッカオはカオスな空間へと変貌します。道路交通法上等で走り回る車とソンテウとモータサイ。まるで、はねられるのは避けない歩行者が悪いんだぜ、と言っているように我が物顔で狭い道路を猛スピードで走り抜けます。

そして1キロ以上にわたって軒を並べる、バービヤ、怪しいマッサージ、ホテル、食堂、屋台。そしてそこで働く人たち。セクシーな恰好をした女性とオカマたち。そして最近のタイにはとんと見なくなった浮浪者たち。

その風景をみた友人に対して

なかなかカオスでしょ?

>・・・過ぎる。カオス過ぎる。なんだこれ。

それじゃあ行きますか。

そうして夜のパタヤへ突撃しに行くことにしました。




Booking.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする