海外で起こったテロまたは無差別攻撃覚書 2017年10月編

Pocket

2017年10月1日

フランス、マルセイユ

仏マルセイユの駅で刃物男が女性2人を殺害、ISが犯行声明

【10月2日 AFP】(更新)フランス南部、地中海(Mediterranean Sea)に面した同国第2の都市マルセイユ(Marseille)の主要鉄道駅で1日、イスラム教徒とみられる男が女性2人を刃物で襲い殺害した。男は警備中の兵士らにその場で射殺された。この事件について、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が同日犯行声明を出した。犠牲者のうち1人は喉を切り裂かれていた。30代とされる容疑者は犯罪歴があり、目撃者によると襲撃に及ぶ直前に「アラーアクバル(アラビア語で神は偉大なりの意)」と叫んだという。米テロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)によると、IS傘下の通信社アマック(Amaq)が「治安筋」の話として、「マルセイユ市での刃物による襲撃の実行犯は…ISの兵士の一人だ」とアラビア語で報じたという。ジェラール・コロン(Gerard Collomb)内相は、12人前後の目撃者から聞き取りを行っているとした上で、「性質としてテロ行為の可能性があるが、現時点では確認できていない」と明かした。マルセイユのにぎやかな中心部にあり、立派な駅舎を誇るこの駅は、重武装した警察によって封鎖され、人々には避難が命じられた。フランスでは近年、ISや国際テロ組織「アルカイダ(Al-Qaeda)」に関連する過激派による襲撃が相次いでいる。今回の事件も、非常事態宣言が出され、今なお厳戒態勢が続く中で発生した。先月末時点でのAFPのまとめによると、2015年以降に同国内でイスラム過激派によって殺害された人の数は計239人に上っている。(c)AFP

2017年10月1日

アメリカ、ラスベガス

ラスベガスのホテルで銃乱射、2人死亡…米紙

【ロサンゼルス=田原徳容】米西部ネバダ州ラスベガス中心部のホテルで1日、銃の乱射があり、米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は病院関係者の話として、少なくとも2人が死亡、24人が病院に搬送されたと報じた。犠牲者はさらに増える恐れがある。銃撃犯の身柄は確保されておらず、警察は現場周辺を立ち入り禁止にし、観光客らに避難を呼びかけている。

読売

※後に59人以上死亡500人以上の死傷者を出すアメリカ史上最悪の事件に発展

2017年10月6日

パキスタン、ファテプル

自爆テロで18人死亡=ISが犯行主張―パキスタン

【ニューデリー時事】パキスタン紙ドーンによると、南西部バルチスタン州ファテプルで5日、イスラム教スーフィー(神秘主義者)の聖廟(せいびょう)を狙った自爆テロがあり、行政当局者によると子供を含め少なくとも18人が死亡、数十人が負傷した。米テロ組織監視団体SITEによると、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張した。パキスタンの別のスーフィー施設では今年2月にも70人以上が死亡する自爆テロがあり、ISが犯行を主張。一方、スーフィーは他のイスラム過激派からも「異端」と見なされており、5日に爆発が起きた聖廟では、ISが「建国」を宣言する以前の2005年にも30人以上が死亡する自爆テロが発生している。時事

2017年10月14日

ソマリア、モガディシア

ソマリア首都で爆発、22人死亡 イスラム過激派か

ソマリアの首都モガディシオで14日、2件の爆発が相次ぎ、ロイター通信によると、少なくとも計22人が死亡した。国際テロ組織アルカーイダ系のイスラム過激派アルシャバーブによる犯行とみられる。1件目の現場は、政府機関やホテルが集まる地区。AP通信は爆弾が仕掛けられたトラックが使われ、20人が死亡したと伝えた。警察幹部によると、死者が増える恐れがある。ホテルが標的になったとみられ、現場で銃声も聞こえたという。ロイターによると、2件目の爆発は約2時間後で、モガディシオ市内で車が爆発、市民2人が死亡した。ソマリアでは無政府状態が長年続いた後、2012年に国連の支援で正式政府が発足した。掃討作戦でアルシャバーブの支配地域は縮小したが、新政府打倒を掲げて各地でテロを起こしている。(共同)

2017年10月14日

ソマリア、モガディシア

ソマリア首都で爆発、230人以上死亡 建物が倒壊

東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオで14日、爆発物を積んだトラックなどが爆発した。AP通信によると、231人が死亡、275人以上が負傷した。同国ではイスラム過激派シャバブによる攻撃が相次いでいる。AP通信によると、爆発が起きたのは、車の往来が激しい通り沿いにあるサファリホテル前。周辺にはショッピングモールや大学、飲食店なども立ち並ぶ。周辺で2回目の爆発があったとの情報もある。被害を受けた建物が倒壊し、閉じ込められた市民が多数いるとみられ、救出作業は15日も続いた。死者の中には援助団体の関係者や記者もいるといい、死者数はさらに増える可能性がある。負傷者が運び込まれている病院の医師はAP通信に対し、「死者や負傷者であふれている。過去に例がないくらい恐ろしい事態だ」と話した。同国では、シャバブが同様の犯行を繰り返している。今回の爆発への関与は不明だが、AP通信によると、ソマリア政府はシャバブの犯行だとして強く非難している。ソマリアは内戦が始まった1991年以降、国全体を治める政府が事実上なくなり、複数の武装勢力の対立が続いてきた。勢力を拡張したシャバブに対し、アフリカ連合軍が掃討作戦を実施するなどして、2005年に暫定政府ができた。暫定政府は実効支配地域を首都周辺から徐々に広げ、12年に統一政府となった。だが、シャバブはモガディシオのほか、隣国のケニアでもテロ攻撃を続けており、一定の勢力を維持しているとされる。(石原孝)

ハフィントンポスト

2017年10月20日

エジプト、カイロ

エジプトで警官ら52人死亡 警官隊が武装集団に襲われ銃撃戦に

【カイロ=佐藤貴生】エジプトの首都カイロの南西部で20日、警官隊が武装集団に襲われて銃撃戦となり、ロイター通信によると警官ら少なくとも52人が死亡した。犯行声明は出ていない。エジプトではイスラム過激派の武装集団が警察や軍などを襲撃する事件がしばしば起きている。治安当局によると、現場はギザ県のバハリア・オアシス周辺。警官隊が20日、武装集団のメンバーが潜伏しているとみられるキャンプへの襲撃作戦を行おうとした際、迫撃砲や爆弾などによる逆襲を受け、銃撃戦となった。ロイターは治安当局者の話として、キャンプに潜伏していたのはイスラム組織「ムスリム同胞団」と関連がある組織のメンバーだと伝えた。エジプトでは、北東部シナイ半島でスンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の傘下にある組織が、警察や軍を襲う事件が断続的に起きている。昨年12月以降は、カイロや北部アレクサンドリアでキリスト教の一派、コプト教の教会が狙われる大規模な爆弾テロも発生しており、ISが犯行声明を出している。

産経

2017年10月28日

ソマリア。モガディシオ

ソマリアでまた爆発、13人死亡 イスラム過激派が声明

東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオのホテル周辺で28日、車が爆発した。AP通信によると、爆発は複数回起きたといい、市民ら少なくとも13人が死亡、16人が負傷した。イスラム過激派シャバブは犯行を認める声明を発表。ホテルに侵入したとも主張しており、死者はさらに増える可能性がある。モガディシオでは2週間前の14日にも、ホテル周辺でトラックが爆発し、350人超の死者が出る事件が発生。地元政府がシャバブの犯行と断定している。今回の事件は大統領府にほど近いホテル周辺で発生。政治家が利用することも多いといい、市民や警官のほか、元議員らが犠牲になったという。イスラム国家の樹立や外国勢力の排除を目指すシャバブは、国内外のホテルや商業施設などへの襲撃を繰り返している。(ヨハネスブルク=石原孝)

朝日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする